櫻井翔★あいつの取材力がなさすぎた★TOKIOメンバー口々にダメ出し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「櫻井翔★あいつの取材力がなさすぎた★TOKIOメンバー口々にダメ出し」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「11月14日」に放送されました。この日の「ゲスト」は女優の「鈴木保奈美」が登場しました。「鈴木保奈美」の「イメージ調査」などが放送されました。




番組の中では、「VTR」で一般人による「鈴木保奈美」の「イメージ」が紹介され、「城島茂」からも「掘りごたつでも足を入れなそう」、「松岡昌宏」から「打ち上げでカラオケを歌わなさそう」などの意見が飛び出し、「スタジオ」は大盛り上がりしました。「鈴木保奈美」は、基本的に「カラオケ」へ行かないとのことですが、一度、「鈴木保奈美」の「主演ドラマ」「東京ラブストーリー」の主題歌「ラブストーリーは突然に」を誰かに入れられ、「歌ってる間で「カ~ンチ」を入れてくれ」と言われたことを告白しました。これに「松岡昌宏」は「いやー!それ贅沢だなー!」と立ち上がって絶叫するほど興奮していました。

その後は、好物の「ベスト10」を紹介する「大好物10」も放送され、「1位くるみパン」「5位小栗鍋」と気になる「メニュー」が次々紹介され、その中で視聴者の注目を最も集めたのが、「10位」の、「日のあるうちは食べられない」という「“カレー”」でした。実は「鈴木保奈美」、「カレー」を昼間に食べると眠くなり、その後使い物にならなくなるという特殊な体質のため、夜にしか食べることができないといいます。「国分太一」が、「石橋貴明さんが作るカレーも夜食べる?」と聞くと、「鈴木保奈美」は「夜食べて、翌朝残った美味しいカレーがあっても絶対朝は食べられない」と告白しました。「TOKIO」の爆笑をさらっていました。

また、「城島茂」が「楽屋でお弁当がカレーの時どうするんですか?」と質問すると、「食べないです」と断言したものの、「一度、「家族ゲーム」の時に」と話し始めた「鈴木保奈美」。「2013年」に放送された「ドラマ」「家族ゲーム」といえば、「鈴木保奈美」が「15年」ぶりに「民放ドラマ」に出演した作品です。主演を「嵐・櫻井翔」が務めており、家族を崩壊させる家庭教師役を熱演しました。一方、「鈴木保奈美」は崩壊される家族の母親を演じていましたが、その際、差し入れの「ケータリング」で、「櫻井翔」が「カレー」を出してくれたことがあったといいます。「鈴木保奈美」は「これは櫻井くんのカレーだから食べなきゃ!」と食べたといいますが、「もう午後とんでもない状態」になってしまったことを告白しました。




「もう眠くて眠くて!」と嘆く「鈴木保奈美」に「国分太一」は「それは、あいつ「櫻井」の取材力がなさすぎた」と「櫻井翔」に「ダメ」出ししました。「それは駄目だよね~」と「メンバー」も口々に言っていましたが、「松岡昌宏」は最後に「カレーを食べて眠くなるっていうのも、なかなか聞かないですからね!」と笑顔で「鈴木保奈美」を「ツッコ」んでいました。

この日の放送に視聴者からは、「櫻井くん、この場にいないけどドンマイ!」「リサーチ不足で先輩に駄目出しされてる「笑」」「櫻井くんの出したカレーで、鈴木さんが被害受けていたとは」といった声が集まっていました。

「桜井翔」も「鈴木保奈美」が「カレー」を食べたら使いものにならなくなるとは思いもよらないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。