平野紫耀★ういらぶ。★知念侑李超えの興収★内容薄すぎの評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「平野紫耀★ういらぶ。★知念侑李超えの興収★内容薄すぎの評価」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince・平野紫耀」が主演を務める映画「ういらぶ。」が「11月9日」に公開され、「10~11日」の「国内映画ランキング」「興行通信社提供」では「3位」に「ランクイン」しました。土日「2日間」「全国215スクリーン」で動員「14万3,000人」、「興収1億7000万円」を記録しました。「ジャニーズ事務所」が今最も力を入れて売り出している「平野紫耀」ですが、ひとまず前作の主演映画の動員を上回り、結果を残したようです。

今作は、「好き」と言えず「ドS」の「フリ」をしている「“超こじらせ男子”」「和泉凛」「平野」と、幼なじみで「超ネガティブ」な「ヒロイン・春名優羽」「桜井日奈子」の恋を描く「ラブストーリー」です。累計発行部数「180万部」を突破した「星森ゆきも氏」による「人気コミック」の実写化で、「平野紫耀&桜井日奈子」のほかには「玉城ティナ、磯村勇斗、桜田ひより、伊藤健太郎」らが脇を固めています。




「平野紫耀」といえば、今年は「女優・平祐奈」が「ヒロイン」を演じた映画「honey」「3月31日公開」でも主演に抜てきされており、こちらは「9位スタート」でした。公開前の時点で「平祐奈」との熱愛疑惑が広まった影響か、土日「2日間」「3月31日~4月1日、全国145館」で動員「5万5,097人」、興収は「6406万5900円」という結果でした。「映画情報サイト」「映画.com」によれば、「ういらぶ。」は「honey」の興収比「265.3%」で、「桜井日奈子」と「俳優・吉沢亮」が共演した映画「ママレード・ボーイ」「4月28日公開」と比べても興収比「239.2%」の成績だったようです。

「Twitter」などでは「原作ファンだから楽しみだったけど、想像以上で満足。キュンキュンしすぎた」「原作ファンからしても最高でした!」と、好意的な感想が多く見受けられ、「レビューサイト」でも概ね高評価がついています。ですが、同作を見た「ネットユーザー」からは「ハッキリ言って前半は平野くんのプロモーションビデオみたいな感じ。平野くんファンにはオススメの作品」「全体としての流れがない。メイン2人の演技がオーバー過ぎて、共感できる要素なし」と、手厳しい意見もあったようです。

さらには、「ハラスメント満載のいじめ増長作品だった。親としては絶対見せたくない。今の世の中ではダメなシーンが目立つ」「ドキドキ・ワクワク感がなかった。演出と演技力の問題。桜井ファンにあまりオススメできず、平野ファン専用の映画」「5.0の評価をつける人はほぼ平野紫耀ファンだろう。内容が薄すぎて途中寝そうになった」と、脚本や演出の責任を問う声や、「ネット」上の「絶賛コメント」を疑問視する書き込みもありました。

とはいえ、前述のように数字面ではまずまずの滑り出しとなった同作です。今年秋公開の話題作の「データ」を見ていくと、例えば「EXILE・三代目 J Soul Brothers」の「岩田剛典」と「杉咲花」の共演作「パーフェクトワールド 君といる奇跡」「10月5日公開」は「ういらぶ。」よりも上映館が多い全国「323スクリーン」でしたが、土日「2日間」で動員「8万9,000人」、興収は「1億1738万0800円」でした。また、「佐藤健」と「高橋一生」が共演し「億男」「10月19日公開」の記録は土日「2日間」で「8万9,000人」を動員し、興収「1億2000万円」「全国299館」をあげています。これに比べ、「215館」で始まった「ういらぶ。」は動員「14万」を突破しているため、大健闘といえるでしょう。




今年公開の「ジャニーズタレント出演映画」と比較しても、「平野紫耀」の「ブレーク」ぶりが証明されています。「Hey!Say!JUMP・知念侑李」が単独初主演を務めた「坂道のアポロン」「3月10日公開」は「オープニング」「2日間」で動員「6万5,000人」、興収「8500万円」「全国289館」を稼ぎ、「8位」発進でした。「坂道のアポロン」は「ジャズ」を通して描かれる青春物語、「ういらぶ。」は中高生向けの「ラブストーリー」と、「ジャンル」は違うものの、今作で「平野紫耀」は「“知念超え”」を果たしています。ちなみに、「ジャニーズ」で「トップ」に君臨する「嵐」の「櫻井翔」主演「ラプラスの魔女」「5月4日公開」は、公開後土日「2日間」で、動員は約「20万8,000人」、興収は「約2億7800万円」「全国323館」でした。

また、「黒島結菜」と「ジャニーズWEST・小瀧望」が「W主演」した「3月3日」公開の「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」「全国164館」は封切り直後の詳しい「データ」は不明ながら、「8位」に初登場していました。順位からしても、「ういらぶ。」は「プリンシパル」より好調な出足を切ったものとみられます。

「11月19日」には「TOHOシネマズ 日比谷」にて「「ういらぶ。」公開御礼トークSHOW!」が開催され、主演の「平野紫耀」が登壇します。こうした「イベント」で、公開後も客足がさらに伸びていきそうですね。

前作に比べ「平野紫耀」の知名度が「アップ」していることが感じられ「ファン」も一安心しているでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。