安井謙太郎★ニート・ニート・ニート★御用達マスコミ来ず★干され疑惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「安井謙太郎★ニート・ニート・ニート★御用達マスコミ来ず★干され疑惑」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズJr.・安井謙太郎」と「森田美勇人」の出演映画「ニート・ニート・ニート」の「公開直前イベント」が、「11月14日」に行われましたが、現場では「“ある異変”」により、取材陣が騒然とする一幕があったといいます。一部で、「“干され疑惑”」がささやかれる「ジャニーズJr.ユニット」「Love‐tune」「メンバー」である「安井謙太郎」と「森田美勇人」に何が起こったのでしょうか。

「イベント」は東京都内で行われ、出演者らの「トーク」や、映画本編も上映されました。ですが、取材に訪れた「メディア関係者」の間で話題になったのは、なぜか新聞社と「テレビ局」が、一社も取材に来ていないということだったようです。




当日は、偶然にも「NHK紅白歌合戦」出場歌手の発表日でした。「テレビ局」、また「スポーツ紙」の「ジャニーズ担当記者」らは、そちらの現場に訪れていたといいますが。

ですが「ニート・ニート・ニート」の「イベント」は、「紅白」の会見が終わってからの「スタート」でしたし、取材しようと思えば、十分間に合ったはずです。それなのに、「ジャニーズ御用達メディア」が一社もいないのは不自然だったようです。やはり、彼らが「干されているからなのか」と、一部記者は不審がっていました。

「Love‐tune」は、今年から「Jr.」も交わすことになった「ジャニーズ」との専属契約書への「サイン」を拒否したといわれています。その後、「各Jr.ユニット」が参加する「ジャニーズJr.チャンネル」への不参加に始まり、「ザ少年倶楽部」「NHK BSプレミアム」の出演がなくなり、舞台や「コンサート出演」からも遠ざかるなど、「グループ」での活動が激減し、「ジャニーズファン」の間では「Love‐tuneは事実上解散したのではないか」といわれているようです。

「ニート・ニート・ニート」にしても、長らく配給会社が決まらなかったようで、「チケット」の前売りが「スタート」したのも「11月11日」と公開直前でした。それに加えて、いつもなら顔を見せるはずの「ジャニーズ担当記者」が取材に訪れなかったとあって、やはり彼らへの「“冷遇”」は、事実なのではと言われています。




実際に「ニュースサイト」を見比べると、確かに「イベント」を取り上げているのは「Webメディア」ばかりで、「“ジャニーズ御用達”」の「スポーツ紙」では、一切記事化されていません。

「テレビ局」、また新聞社には、案内状すら届いていなかった可能性もあります。「ジャニーズ」には「自社タレントの情報解禁は原則1日1つだけ」という「ルール」があるので、「翌15日」の「テレビ」や新聞では、「ニート・ニート・ニート」の「安井謙太郎」と「森田美勇人」ではなく、「紅白」初出場の「King&Prince」を大々的に取り上げてほしいとの思惑で、あえて情報を流さなかったとも考えられます。

なお「ニート・ニート・ニート」は、今月「23日」に公開日を迎え、「同25日」には、福岡県で舞台挨拶付きの上映会も予定されています。果たしてその際、「“御用達メディア”」は同作の話題を取り上げるのでしょうか。

干され疑惑が事実なら「ニート・ニート・ニート」の撮影もありえなかったと思うのですが。他の「グループ」に比べれば干され感がどうしても感じられてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。