大倉忠義★芸能界がなんで嫌になった★元グラドル社長の転身に興味示す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★芸能界がなんで嫌になった★元グラドル社長の転身に興味示す」の事をお伝えしたいと思います。

「11月17日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」は、「村上信五、錦戸亮、大倉忠義」が登場しました。女性起業家の生態に迫りました。

今回の企画は、「カメラロールサーチ」と題し、美人女性社長の携帯の「カメラロール」を覗き見して、私生活や生態を明らかにしていくというものでした。これに「大倉忠義」は、「絶対覗かれたくないよね。股間見られてる感じよね。絶対嫌やわ」と強調しました。「村上信五」や「錦戸亮」も「カメラロール」は見られたくないと主張しました。




まず「1人目」は、「レンタルドレス店」と「ウェディング」の「プロデュース」をしているという「株式会社Drerich・綱島舞社長」です。まずは壁紙になっているお店の「イメージ写真」である「“あじさいに埋め尽くされた女性”」の写真に注目した「錦戸亮」は、「あじさいって花言葉知ってます?」と突然の質問です。「綱島舞氏」が知らないとわかると、「移り変わりの激しい女心みたいなことで。ちょっと浮気っぽい感じ」と説明しました。「ウェディングドレス」にはふさわしくない花言葉ということで、「ヤバいですね。ありがとうございます」と「錦戸亮」にお礼を言っていたのでした。

「カメラロール」の中を見ると、「クリエイティブディレクター」という旦那さんとの写真や、気合を入れた結婚式二次会の服装、華やかな女子会、「バスタブ」に入りながら映画を見る「イベント」「バスタブシネマ」の様子が映った写真など、華やかな写真がたくさんでした。「錦戸亮」は、「なんか羨ましくなってくるな、こういうの見てたら。俺らこんな充実してないよね!」と叫ぶのでした。

次に、結婚相談事業の展開や、「年間800回」の「恋愛コンサル」を請け負う「株式会社Thousand Light」の「山本早織社長」です。「元グラビアアイドル」という経歴がわかると、「大倉忠義」は「なんで嫌になったんですか?この業界?」と「ズバリ」。「山本早織氏」は「話せば長くなるんですけど」と言いましたが、その真意は放送されずでした。




「大倉忠義」といえば、一部の熱狂的な「ファン」による付きまといが明らかとなり、「ファンクラブ会員専用」の「公式ブログ」で「普通の人に戻る方がよっぽど楽だろう。そろそろ限界だ」などと思いを語っていましたが、芸能界を引退し、現在は社長となった「山本早織氏」に、何か思うところがあっての質問だったのでしょうか。

そんな同番組ですが、最近になって「SNS」上に同番組がつまらなくなったという声が続出しています。「クロニクルはなんでこんなつまんない企画ばっかりになったの?」「これ、エイトがやる必要ないでしょ。 すばるがいないと今までの企画はできないの?」「昔の面白い企画は戻ってこないのかな。寂しいね。時代が変わってしまったのか」「最近のクロニクル、本当つまんない。 関ジャニが好きだから見てるけど、おるおる以外は毎回つまんないなーと思いながらの流し見」など、番組の企画を疑問視する声が止まらないようです。

今年「9月」に急に打ち切りとなった「関ジャニ∞」の冠番組「ペコジャニ∞!」「TBS系」のようにはならないでほしいと願うばかりですね。

最近の「大倉忠義」の言動を見れば芸能界を引退して「社長業」に転身するようなことを考えているようにも思えなくもないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。