大倉忠義★青春時代を捧げてる&泣きそう★吹奏楽部の高校生に感動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★青春時代を捧げてる&泣きそう★吹奏楽部の高校生に感動」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「11月18日」放送回では、番組初となる吹奏楽部特集が行われ、強豪校ならではの厳しさなどについて語られました。

今回は、数々の「コンクール」で賞を獲得している「東海大学付属高輪台高等学校・吹奏楽部」の「3年生部員」を「ゲスト」に招いたのですが、「全部員140名」に対し男子部員が「34名」しかいないということに、「横山裕」は「男子めっちゃ楽しいんちゃうん?女子の方が多いからウハウハちがうんかな~」と質問しました。ただ、部活内では恋愛禁止という掟が存在することを知ると、「AKBみたいなこと言うてるやん!」と「横山裕」。




ですが、その理由として「別れたときに男の子がセンシティブで部活をやめてしまうこともある」と説明を受けると、高校生らしい「ピュア」な理由に「かわいらしい~」という声が飛び交っていました。

実際に「スタジオ」で演奏してもらうと、「大倉忠義」は「いや、グッときましたね。なんか青春時代を楽器に捧げてるわけじゃないですか。それを考えるとちょっと泣きそうになっちゃって今。グッときた」と感動しました。

また、「4月」から「3月」まで、吹奏楽部の「スケジュール」が演奏会や「コンクール」など、さまざまな「イベント」でびっしりと詰まっていることに驚きの声が上がります。中には「大会出場メンバー」を決める「オーディション」があることもわかると、「「AKBの」総選挙や、これは」と「村上信五」。完全に実力で選ばれる「オーディションシステム」で、そのあまりにも厳しい現実に「なんか緊張する~」「大倉」「うわ~厳しいっすね」「村上」などの声が上がっていました。




一方で、「以前はトランペットを担当し全国大会にも出場していたが、ある日突然、基本の音も出せなくなり、1年頑張った挙句にコンクールに出場するためにパーカッションに変更した」という部長の話が伝えられると、「関ジャニ∞」で「トランペット」を担当している「横山裕」が「僕もなんか急に調子が悪いときがあって。でも先生に「絶対1回できたことやから、戻るから、戻るから!」って、ものすごい慰められたときがあった」と、今だから言える裏話を明かしたのでした。

そんな「横山裕」は、「セッションJAM」では高校生たちに混ざって「トランペット」を担当しました。「関ジャニ∞」全員で「オモイダマ」「2014」を披露すると、「高校生と一緒のよこ、かわいい」「トランペットのよこちょ、かわいすぎない?」などの声が上がっていました。

さらに、吹奏楽との「コラボ」に「ちょっと泣きそうになった」「グッときた」「ほんとに感動」と涙腺が緩んだ人も多くいたようでした。

高校生の吹奏楽にかける純粋な気持ちが「大倉忠義」の気持ちを動かせたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。