桐山照史★ラーメンの具材★引くほどの早さで食べる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「桐山照史★ラーメンの具材★引くほどの早さで食べる」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティー」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」の「11月17日」深夜の放送回には、「桐山照史」と「神山智洋」の「コンビ」が登場しました。「桐山照史」は、麺が好きすぎるあまり独特の食べ方をしていることが明らかになりました。

「リスナー」から「私はラーメンの上にのっている具材を先に食べるのですが、みなさんは具材を食べるか、麺を先に食べるかどっちでしょうか?」と質問が届くと、「俺はもう麺!」と「神山智洋」。一方、「桐山照史」は「俺は具!てか、ラーメンとか関係なく具を残す!」と発言しました。




「桐山照史」いわく、「ラーメン」やうどんなどの麺が好きすぎるあまり「麺だけ」で食べたいという気持ちが強いそうで、「トッピング」されている「“具”」は邪魔なのだといいます。それなら、最初から具が入っていない素うどんや「トッピング」なしの「ラーメン」を注文すればいいと思うのですが、「桐山照史」が具入りの麺を注文するのには訳があるようです。

肉うどんを注文したときを例に説明を始めた「桐山照史」は、「肉うどんを想像してください。肉が邪魔なワケさ。でも、肉がのってることによって味わいがでるやん。これうまいやん。だからその役割は果たしてほしいんだけど。あの 麺をすすってるときに具材が一緒にくると邪魔!口の中が邪魔やねん!「俺、お前のこと求めてないんやけど」の子が「口の中に」くんのよ!」と説明します。「スープ」がおいしくなるため具入りを頼みますが、具を邪魔者扱いしてしまうという、なんとも理不尽な食べ方をしていると明かしていました。

そのため、現在の「最初に具を食べてから麺を食べる」という方法になったようですが、そうすると具を食べている間に麺が伸びてしまうこともあるようです。その結果「引くほどの早さで「具材を」食べる」という方法に落ち着いたといいます。

ですが、具がたくさんのっている麺でも先に具を食べたい「桐山照史」は、「だから、チャンポンが一番めんどくさいよね!いや、「具が」多いねん!ってなるから」と不満を「ポロリ」。それでも、「チャンポン麺」が好きな「桐山照史」は、どうしても麺だけで食べたいようで「矛盾してるやろ~。これ、いつも関ジャニ∞の村上信五くんとかに言うたら「めんどくさいな、お前」って言われる」と、先輩からもめんどくさがられていることを明かしていたのでした。




さらに、「ラーメン」の具材については「海苔とか全然必要ない!」「あと、もやし。麺やと思って食って、なんでシャキシャキしてんねん!ってなる」と「コメント」しました。この変わった食べ方に「神山智洋」は驚いていたようですが、「桐山照史」も「ちょっと変わってんのよね。食に関しては」と自分自身、変な食べ方をしていることには気がついているようでした。

ですが意外にも「リスナー」の中には「わかる!私も具を先に食べる派!」「麺の具問題について、わかりすぎる」「麺が好きだから具が邪魔っていうの、わからなくもない「笑」」など「桐山照史」の食べ方を支持する声もちらほらあったようです。ですが「引くほどの早さで具を食べる」という「ワード」には笑った人も多かったようです。

今後、「桐山照史」が麺の「食レポ」をするときは一体どうやって食べているのかに注目です。

食べ方の奥義は人それぞれありますが、美味しいと思いながら食べられるのが最高の食べ方だと思いますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。