関ジャニ∞★インスタライブ★公演生配信のファン発覚★マナー最悪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★インスタライブ★公演生配信のファン発覚★マナー最悪」の事をお伝えしたいと思います。

「8月」に台風「20号」の影響で中止になった「関ジャニ∞」の「コンサート」「KANJANI’S EIGHTERTAINMENT GR8EST」の振替公演と追加公演が、「11月17日・18日」に「京セラドーム大阪」で開催されました。「7月」に始まった「ツアー」もこれにて無事に全日程終了となったものの、初日の公演中には会場内の「一部ファン」が「“インスタライブ”」を行ったことが発覚し、大きな騒ぎになっています。

今回の「ツアー」は「渋谷すばる」脱退後、初の「6人体制」で「スタート」しました。北海道、愛知を巡る中、「8月23日」の大阪公演は台風によって交通機関に乱れが生じてしまい、「ジャニーズコンサート事務局」が中止を発表しました。その後、「9月」に福岡公演と初の海外公演となる「台湾・台北アリーナ」での「ステージ」が終わり、この度大阪で最終日を迎えました。凱旋公演とあって、「関西ジャニーズJr.」が「バックダンサー」に登場したほか、「7人組」の「新グループ ・なにわ男子」が「オリジナル曲」の「なにわ Lucky Boy!!」を披露する場面もあったようです。




そんな中、ある「関ジャニ∞ファン」が「17日」の「コンサート中」に「写真共有アプリ・インスタグラム」の「ライブ配信機能」を使い、公演の音源を「リアルタイム」で流していたといいます。

「Twitter」には、その「インスタライブ動画」が出回っていて、「9月発売」の「シングル」「ここに」収録曲の「All you need is laugh」を歌っているのが確認できます。ここに「メンバー」の姿は映っておらず、また全編にわたり「リアルタイム配信」したわけではないようです。「インスタライブ」中の「コメント欄」は「明日もよろぴく」「これトロッコ乗りながら歌ってるのかな」など、さまざまな感想が寄せられていて、その多くは配信への批判というより、公演で曲目の変更があったことに対する感想でした。配信を見ていた人の書き込みによれば、視聴者は「800人」以上だったといいます。なお配信主は、以前より熱心な「ファン」の間で注視されていた「大倉忠義ファン」だったようです。

当該の「インスタグラムアカウント」は「19日」現在、非公開設定になっていますが、「フォロワー」は「6,000人」を超え、一定数の支持者を抱えているものとみられます。「Twitter」には「アカウント名」とともに「生配信ありがたすぎ」「最高」と「ライブ配信」に感謝する「関ジャニ∞ファン」の声も見受けられました。ちなみに、「インスタグラム」と同じ「ユーザーネーム」の「Twitterアカウント」はすでに削除したようで、閲覧不可となっています。




「関ジャニ∞」といえば、「大倉忠義」が「11月8日」に「公式携帯サイト・Johnny’s web」の連載「関ジャニ戦隊∞レンジャー」内で、駅や空港だけでなく「プライベート」にもつきまとう「過激ファン」に苦言を呈した一件が話題になったばかりです。こうした現状に加え、「コンサート」中に「インスタライブ」という「ショッキング」な出来事が相次ぎ、良識的な人たちは「インスタライブで音声流すのはさすがにやばい。最近、一部のエイター「関ジャニ∞ファンの名称」のマナーが悪すぎて最悪。メンバーが知ったら悲しむ」「インスタで生配信してる人いるの?ライブ自体なくなる可能性あるからそれはやめよう」「ストーカーの件もあったんだし。同じエイターとして情けない」「マナー悪いって言われてるんだから、こんなことしてたらツアーなくなるぞ」と、激怒しています。

「ライブ」の視聴者は純粋な「関ジャニ∞ファン」とは違い、興味本位か、もしくは配信者の行動に理解ある「“同類”」だったようです。この「インスタアカウント」を「フォロー」している「関ジャニ∞ファン」いわく、問題の人物は「オタ卒「ファンを卒業」するらしい」とのことです。当人が「ファン」を続けていく気はないにせよ、「ライブ配信」が許される行為とは思えません。「通報した方がいい」「アカウント潰そう」と注意喚起している「ファン」の存在がせめてもの救いのようです。

「大倉忠義」の追っかけ被害告白に続き、厄介な「ファン」による暴挙と、踏んだり蹴ったりの「関ジャニ∞」です。今後、少しでも「メンバー」を悲しませるような事態が減っていくことを願いたいものですね。

「メンバー」を苦しめるようなことを平気でやろうとしていることに「ファン」の怒りは収まらないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。