渋谷すばるファン★朝日新聞・広告掲載プロジェクト★A-port頓挫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「渋谷すばるファン★朝日新聞・広告掲載プロジェクト★A-port頓挫」の事をお伝えしたいと思います。

今年の「12月31日」をもって「ジャニーズ事務所」を退所する「元関ジャニ∞」の「渋谷すばる」です。その日がいよいよ迫る中、「一部ファン」が朝日新聞の一面広告を使って「渋谷すばる」へ「感謝の気持ちを伝えよう」なる「プロジェクト」を立ち上げました。賛否両論の反応が出る中、支援金額を集める前に計画が頓挫してしまったといいます。

「渋谷すばる」は「4月」に会見を開き、「関ジャニ∞」の脱退と事務所退所を発表しました。「7月8日」放送の「関ジャム 完全燃SHOW」「テレビ朝日系」が「メンバー」として最後の「テレビ出演」となり、「関ジャニ∞」は「6人体制」の活動を「スタート」させました。「渋谷すばる」が表舞台から姿を消して「4カ月」が経過し、ある「ファン」たちが「12月末」の退所に向けて始動しました。「11月中旬、Twitter」や「インスタグラム」上で「eighterから渋谷すばるに感謝を伝えよう!プロジェクト」と銘打ち、朝日新聞社が運営する「クラウドファンディングサイト・A-port」「エーポート」での支援を求めました。「A-port」といえば、「2016年末」には「SMAPファン有志3名」が「“解散後もメンバーを応援したい”」といった熱意を形にするべく「SMAP大応援プロジェクト」を実行しました。資金を募った結果、「約1週間」で「1万3,103人」から「3900万円」を超える大きな額が集まり、「12月30日」全国版の朝日新聞朝刊に「8ページ」にわたる広告が掲載されました。

今回の「渋谷すばる」も同様に「A-port」を通じたもので、「11月19日」時点の確定事項として、支援金額は「エイト」にかけた「1口888円」や、「2,000円」、「8,888円」の「3パターン」用意したことを説明しています。「888円」は「お礼メッセージ」、「2,000円」が支援者様の名前、または「ニックネーム」の紙面掲載、「8,888円」は名前の掲載と配達になるようです。「全国の朝日新聞、12月31日「月」に掲載予定」「目標金額は1,000万円です。エイターの力と愛を合わせて、目標を達成し、さらに大きな広告にしましょう!」などと、呼びかけていたようです。さらに、「A-port」での「プロジェクトページ」の開設が「11月22日」で、朝日新聞側と協議を重ねるにつれ、確定事項に変更が生じる場合があるとの注意書きや、企画発案者は「渋谷すばる、ジャニーズ事務所とは無関係の個人アカウント」であると記していました。




この動きを知った「一部ファン」は「こんなに素晴らしいプロジェクトを企画してくださって感謝しかない」などと、賛同しています。ところが、多くの「ファン」からは「すばるはこういうの好きじゃなさそうだし、静かに送り出してあげることはできないかな」「問題が起きて、ニュースですばるの名前が出されるのは嫌だ」「お金が集まらなくて載せられなかった場合どうするの?」「すばるに逆に迷惑かけると思う。引退するわけでもないし、ほんと迷惑」と、批判的な声が相次いでいます。

また、発起人の「Twitterアカウント」に対して「仮にもすばるは事務所所属。許可なしにお金の絡んだ活動をファンがするのはどうなのでしょうか?」「朝日新聞に掲載とのことですが、それは確実ですか?」と疑問点をぶつける人もいたようです。反対派の「ファン」は「プロジェクトにお金出すなら、すばるのソロシングルやアルバム、DVDを買おうよ。その方がよっぽど貢献できると思う」「新聞会社に払うくらいなら、すばるくんにお金かけたい」と、「渋谷すばる」の作品を購入する形で応援したいと考えているようでした。

さまざまな意見が出る中、「22日」深夜に発起人が「Twitter」と「インスタグラム」で「プロジェクト」の中止を突如「アナウンス」したようです。「インスタグラム」の投稿では「本来であれば、本日a-portを開設しプロジェクトをスタートすると、朝日新聞社様と合意をしておりました。しかしながら、先方の都合でプロジェクトを中止せざるを得なくなってしまった事をお伝えさせていただきます」と明かし、掲載許可は取っているとした上で、「A-port事務局」名義の「メール文」の画像を「アップ」しました。

それによれば、「A-port」側は「弊社の事情で中止をお願いせざるをえなくなりました」「直前になってこういう事態になったのは、弊社内の調整に対するわれわれの見通しの甘さ、力不足のためです。起案者のみなさまに一切非はございません」などと記し、謝罪しています。企画主は「納得できる形で説明を受けることが出来なかった」といい、今後の問い合わせは「a-port事務局にお願いいたします」と、「メールアドレス」を載せました。

突然の知らせに「ファン」は戸惑い、「どうしてダメだったのか説明してほしい。やり逃げしないで」「理由を教えなかったり、勝手な行動が多い。責任持てない行動は慎んで」などと、発起人の「Twitter」に「クレーム」が飛ぶ中、「22日」午後に発起人は「アカウント」を削除しています。中止を受けて「残念」との声も見受けられますが、多くの人々は「何にせよ始まる前に中止でよかった」「お金を集めてから中止や返金だなんだで問題起こりしそうだったし、やらなくてよかった」と安堵しています。「インスタグラム」は同日「午後7時」現在、閲覧可能となっているものの、「すばるプロジェクトの人が逃げた」と不審に思う声が多いようです。




「インスタグラム」には「プロジェクト有志一同」と書き、数名で発足したことを匂わせていましたが、実際は何人体制で動いていたのか、詳細は不明のようです。また、「A-port」とのやりとりが事実だったとしても、先方に対応を「“丸投げ”」しながら、「Twitterアカウント」を消すという姿勢に違和感を抱いてしまいます。ひとまず「サイト」は開設前とあって、返金などの問題が起きずに済み、「ファン」も一安心のようです。

「関ジャニ∞ファン」は仲間意識が強いようで、「13年」にも「eighter運動会」と題した集会を思いつき、ちょっとした騒動になっています。昭和の年号で数えれば「昭和88年8月8日=エイトの日」になると「コンセプト」を掲げ、「Twitter」で参加者を募ったところ、参加費「1,000円」で「100名」が参加する「イベント」になったようです。「大阪・柏原体育館」で行われ、「メンバー」にちなんだ「7グループ」に分かれて競技を行ったといいます。当日はけが人も出ず無事に終わったそうですが、この集会の開催にも賛否両論が巻き起こっていました。

一方、今年いっぱいで芸能界を引退する「元タッキー&翼・滝沢秀明」に関して、「クラウドファンディングサイト・WHITE CANVAS」で「タッキーありがとうプロジェクト」が進行中です。こちらは「12月31日」発行の産経新聞の「メッセージ広告」掲載を見据え、「一口3,000円」で「11月14日」から資金の募集が始まりました。順調に目標金額の「100万円」を突破し、「294万円」「22日午後7時現在」もの膨大な額が集まっています。

果たして、「渋谷すばる」本人は前述の「ファン」の活動をどう捉えているのでしょうか。

頓挫の原因ははっきりしていませんが、ある意味大きな「トラブル」に「ファン」が巻き込まれなかった事が不幸中の幸いですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。