平野紫耀★ういらぶ。★ヒットに業界関係者★絶句&お粗末

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「平野紫耀★ういらぶ。★ヒットに業界関係者★絶句&お粗末」の事をお伝えしたいと思います。

「11月9日」に公開された「King&Prince・平野紫耀」の主演映画「ういらぶ。」が、公開初週の「全国映画ランキング」で「3位」に「ランクイン」、土日動員「14万3,000人」と、順調な滑り出しを見せています。内容は、幼なじみの「ヒロイン・春名優羽」「桜井日奈子」と、「好き」と言えない「“超こじらせ男子”」「和泉凛」「平野」の関係を描く高校生の「ラブコメディ」です。同名の人気少女漫画「小学館」の実写化で、ほかには「玉城ティナ、磯村勇斗、伊藤健太郎」らが出演しています。

同作は、「Yahoo!映画レビュー」でも、「3.00」を記録するなど、まずまずの評価を受けていますが、これに「映画ライター」が「絶句」と言い、次のように語っています。

「ういらぶ。」は、間違いなく今年一番の駄作。それどころか、近年でも最もつまらない映画でした。それがはっきりわかったのは、試写が終わったときの空気です」




「ジャニーズ事務所」が今、最も力を入れて売り出している「平野紫耀」の主演作とあって、同作の試写会には多くの「マスコミ関係者」が足を運んでいたようで、中には「その世界で有名な評論家」などの姿もあり、配給会社の担当者がわざわざ挨拶に行っている様子も見られたといいます。

「「平野紫耀」の取材をするにあたり、作品を「チェック」しに来た媒体ばかりでしたが、試写が終わった瞬間、顔見知りでもないのに、近くの席同士でなんとなく苦笑しながら顔を見合わせてしまいました。もちろん配給側の関係者などがいますので、誰も口は開かない。エレベーターの中でも、はっきりと言葉には出さないものの、目が合うなり「ねえ「苦笑」」などとため息を漏らすという、気まずいやりとりが見られました。こんな経験は、これまでの試写会で初めて。有名な映画評論家などは、どんなふうにあの映画を見たのか、正直な感想を聞きたいですね」

ちなみに、いわゆる少女漫画原作の映画全般が「駄作」ではもちろんない。ジャニーズ映画だから、アイドル映画だから、というわけでも当然なく、「シンプルにクオリティが著しく低い」のだという。同様の意見はネット上でも多数見られ、「サイテー。金返せレベル!」「ストレスが凄かった」「正直内容は幼稚園レベル」「今年見た映画のワースト3には入る」など、酷評がズラリと並んでいます。

「ういらぶ。」がいかにつまらないかという「ポイント」について、同氏は以下のように話します。




「とにかく幼稚で稚拙でチープ。「こじらせ」とか「キュンキュン」などと謳ってますが、対象年齢が小学生だったらまだしも、見ている側が恥ずかしくなって、つい人の反応も気になってしまう、そんな内容と演出です。また最近は「1章、2章」といったように「チャプター」で区切って見せる映画が増えていますが、その「ブツブツ」と分断する区切り方、編集の仕方も実にお粗末で、出演者がかわいそうになってしまう「レベル」でした」

とはいえ、「レビュー」で高得点をつけたり、「SNS」で絶賛する「平野紫耀ファン」も酷評する者をしのぐ勢いで存在します。「平野紫耀のファンは見るべし」「平野紫耀くんを堪能できます」「紫耀くんカッコイイし可愛い」「ただただ平野紫耀がかっこいい映画でした」といった声は、すぐ目に入ってくるのです。

「これまで見たことのないレベルでひどい映画なのに絶賛され、そこそこの動員があるという点で、旬のジャニーズタレントの底力を感じますね」

映画の中身ではなく、「スクリーン」に映る姿に価値が生まれるというのは、「アイドル映画」の性であり特権といえますが、特に「ジャニーズ映画」はその傾向が強いようです。賛否両論あれど、作り手としてはかなり「オイシイ商売」のようです。

評論家や業界関係者の評価も大切だと思いますが「ファン」は内容以前に「平野紫耀」の応援が一番の目的であるため他者が酷評しようが関係ないことですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。