佐藤勝利★菊池風磨に勝利ビンビン物語★イジられた堀越高校生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「佐藤勝利★菊池風磨に勝利ビンビン物語★イジられた堀越高校生活」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zoneメンバー」が週替わりで「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」です。「11月19~22日」の放送には「菊池風磨」と「佐藤勝利」が登場し、高校時代を振り返りました。

「22日」の放送で「クラスに馴染めない」というお便りが届いたことから、「2人」の学生時代の話題になると、中高と男子校で過ごしてきた「菊池風磨」が「中学入って男しかいなかったことに絶望したね。まじ絶望した」と当時の心境を明かしました。




これまでの放送で、楽しかった男子校時代について語ることが多かった「菊池風磨」ですが、実は男子校を選んだ理由は「ちょっと強気に出たんだよね。両親に対して「女子なんか別に興味ないし」みたいな」「「女子に」ほんとは興味があったけど、共学をチョイスするっていうことは、すなわち「女の子と同じ中高になりたいんでしょ」みたいな。なんか、そう見られるのが嫌で」と、両親に対する反発からだったといいます。

そのため、入学当初は女子がいなくて絶望したといいますが「結果、くっそほど面白かった」とのことです。さらに、学校は新設されたばかりで校門が「自動ドア」だったり、打放し「コンクリート」の校舎は暖房も効いていて快適だったりと、非常にきれいな学校だったようです。

とはいえ、やはり男子しかいないため「牢獄みたいだった。コンクリに囲まれて男しかいなくて。勉強ばっかりさせられて「こりゃ牢獄だ」」と思ったそうですが、過ごしていくうちに、保健室に可愛い先生が入ってくるなど楽しみを見つけていったよう、「住めば都だと思う。俺、あの高校以外行きたくないです!もう一回人生やり直すとしたら」と母校愛を語っていました。ただ、正直なところ「共学も行きたい」という願望もあるようです。




一方、芸能人が多く通う高校として知られている堀越高校を卒業している「佐藤勝利」は「男が1人だったから。結果、1人になったから。あの「友達が」辞めたりしてね。だから、ほんとに友達がまず作れない状況だった」と告白しました。これには「菊池風磨」も「それはしんどいね」と同情しました。ただ、「しんどいけど、最高だな。だって、確かにしんどいよ?しんどいけど、裏を返せばほかは女の子なんでしょ?で、男一人で。ビンビン物語だよね。「勝利ビンビン物語」だよ」と、「菊池風磨」からしたら夢のような「ハーレム状態」だと「コメント」しました。

ですが、「佐藤勝利」が女子生徒といい雰囲気になることはまったくなかったといいます。「女子の制服は古風な感じ。だからなんか別にミニスカートとかじゃないから。あとは恋愛禁止だし。通学路がみんなと違ったりとかするんですよ。学年ごとに違ったりとか」と、堀越高校における「“恋愛禁止”」などの厳しい「ルール」を語っていたのでした。

今まであまり語られることがなかった「佐藤勝利」の高校時代の「エピソード」に、「ファン」からは「やっぱり大変な時期を過ごしてるんだな」「しょりぽん、高校生活の状況がドラマすぎる」「勝利くんの高校時代。衝撃の事実 男1人って」と驚きの声が上がっていました。

「ハーレム状態」で過ごしてきた「佐藤勝利」の事が羨ましくて仕方がない「菊池風磨」の心境が良く表れていますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。