伊野尾慧&高木雄也★いたジャンロケ最高★川越B級グルメに歓喜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧&高木雄也★いたジャンロケ最高★川越B級グルメに歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「11月24日」放送の「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」には、「山田涼介、薮宏太、高木雄也、伊野尾慧」が登場しました。

前回に引き続き、埼玉県川越市にある「小江戸」と呼ばれる人気の「観光スポット」で、「いただきグルメバトル」を実施しました。「山田涼介&薮宏太チーム」と「伊野尾慧&高木雄也チーム」に分かれ、制限時間「90分」で、店に飾られている有名人の「サイン」を多く見つけた「チーム」が勝ちという「ゲーム」でした。ですが、その店の「イチオシメニュー」を完食するというのが「ルール」です。




「山田涼介&薮宏太チーム」は、「1枚でも見つけたら入って行くっていう方がいいと思う」「山田」ということで、多くの店が立ち並ぶ「メインストリート」を訪れ、手数で勝負する作戦にでます。「1軒目」の豆腐専門店「近江屋長兵衛商店」の「おからドーナツ」を完食した「2人」は、店前に飾られている「2枚」の「サイン」のほかに、店の奥にも「8枚」の「サイン」を発見。「合計10枚」と幸先の良い「スタート」を切りました。

これに気分を良くした「山田涼介」は、「表だけじゃない部分があるってことが、今、判明したから、大変申し訳ないけど覗きまくろう!」と、覗き作戦に転じることを宣言します。その後も「コツコツ」と数を稼ぎ、最後にたどり着いたのが「松本製菓」でした。ですが、店の「イチオシ」は、なんと「全長95センチ」の日本一長いと言われる「巨大ふ菓子」でした。「薮宏太」と「山田涼介」は苦しい表情をしますが、「これはいっとこ!」「山田」の一言で、完食に挑戦する「2人」です。「全然減らないんだけど!」「薮」「マジで減らない」「山田」と言いながら、黙々と巨大ふ菓子を食べ続けました。

一方、「伊野尾慧&高木雄也チーム」は、「歴史があるところだと「サインを」あんまり置いたりしないじゃない。景観を守るために。大衆料理屋さんみたいな、中華、お好み焼きみたいな」「伊野尾」「地元の「人が」来るようなお店とか」「高木」と、「メイン通り」を避けて大衆向きのお店を探す作戦です。




すると、焼きそば専門店「まことや」の壁一面に大量の「サイン」があることを発見します。実は、川越の焼きそばは「B級グルメイベント」の常連のため、有名人も多く訪れているといいます。お店の「イチオシメニュー」の極太麺の焼きそばに「オムレツ」を乗せた「小江戸おむ」を食した「2人」は、「うーん、うまいね」「高木」「最高!これもう1個食えるな!」「伊野尾」と、「どハマり」します。さらに「サイン」の数は「28枚」と大満足の展開になりました。その後も、着々と店を巡り、「サイン」の数を増やしていきます。

どちらの「チーム」も「自信がある!」と言い切った結果はというと、「山田涼介&薮宏太チーム」が「58枚」、「伊野尾慧&高木雄也チーム」が「70枚」と「伊野尾慧チーム」の勝利でした。「伊野尾慧」と「高木雄也」は、「ハイタッチ」をして喜んだのでした。

この放送を受け、「ネット」上では、「いのたか、やぶやまの組み合わせはいいね。特にいのたかは、お互い信頼し合ってるし常に楽しそうだから見てて飽きない」「川越で可愛い対決ありがとう。また来てね!」「山田君が座ったところに座った!幸せすぎ」など、実際にお店を訪れた声なども集まっていました。

「伊野尾慧」と「高木雄也」の「チームワーク」の良さが光った今回の勝利に「山田涼介」と「藪宏太」も成すすべがなかったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。