堂本光一★苦手でしょうがない&そういう性格なの★オリジナル弁当企画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一★苦手でしょうがない&そういう性格なの★オリジナル弁当企画」の事をお伝えしたいと思います。

「11月24日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、女優の「渡辺えり」と「キムラ緑子」が「ゲスト」出演しました。

今回の企画は、西武池袋本店の「地下フロア」へ特別にお弁当箱を持ち込み、「制限時間30分、3,000円」の予算でそれぞれに「オリジナル弁当」を作るというものでした。「地下1階」には、お惣菜から「スイーツ」まで「約180店舗」が出店しています。また、客が買い物に困った時に案内をしてくれる「コンシェルジュサービス」もあるため、「だいたい買い物のパターンなんですけど、いろいろ見て、あれもいいなこれもいいなって見て、わからんなって出てまうんですよ」と選ぶことが苦手な「堂本光一」にも優しい「デパ地下」のようです。




まずは、弁当と惣菜店「ゑびすDaikoku」で「メロの照り焼き」を試食する一行です。「おいしい」と絶賛の声が沸く中、「堂本光一」が「デパ地下ってこんなにめちゃくちゃ試食できるものなの?」と「ポツリ」。「堂本剛」が「いやいやいや、こんなできないです。こんな店の一個一個食べてたらそれはダメです!」と、今日は特別であることを強調しました。

「中華料理、揚げ物、和食、ベトナム料理、サラダ」などさまざまなお店を巡り、一行は惣菜店「柿安ダイニング」の「クリームチーズのホワイトポテトサラダ」を試食します。「あ、うまっ」「剛」「おいしいねー」「光一」「これおいしい」「キムラ」などと全員が大絶賛します。その後、一人ひとりが個別に店舗を巡り、料理を選ぶことになります。「渡辺えり」は次々と迷いなくお惣菜を「ピックアップ」し、「キムラ」も「スピーディ」に「チョイス」します。一方、「堂本剛」は、あれやこれやと悩みながらなかなか決まらず、「堂本光一」にいたっては、「俺の中で幕の内弁当ってないんですよ。あれもこれもこれもあれもでしょ?メインどれやねんって話なの。だから今日みたいな、あれこれ選んでくださいっていうのわからん。苦手でしょうがない」と「ボヤ」きながら、中華料理が「セット」になったものを手にとり、「もうこれでええやん。そういう性格なんだって!」とぶつくさ言いながら苦戦中です。

そんなこんなで、いよいよそれぞれ「オリジナル弁当」を発表することになりました。「渡辺えり」は野菜中心で色とりどりの美しいお弁当です。「キムラ緑子」は「グラタン」や「キッシュ」などすべての食材に「チーズ」が入ったお弁当です。「堂本剛」は、焼豚切り落としに出身である奈良県の「郷土料理・柿の葉ずし」を合わせるなど、店の「オススメ品」をあわせたお弁当でした。そして、最後に披露された「堂本光一」のお弁当は、既製品の「黒毛和牛 牛めし」と「ローストビーフソテー重」の「2つ」でした。




これに「堂本剛」は「絶対やると思っていた」「絶対こいつ、これ買って早く休憩するなって思ってた」と発言し、「堂本光一」は「スタッフには言われたんですよ。企画に沿ってないって。でも今僕が食べたいのはこれやねんけど」と弁明していたのでした。

「SNS」上では、「光一くんのお弁当はそうなると思っていたよ」「やっぱり剛くんは誰よりも光一くんのことわかってるね」「光一さんが選んでたお弁当、同じ店のお弁当だった。光一さん、どんだけ選ぶの面倒くさいんだ」などの声が見受けられました。

王子と呼ばれる「堂本光一」には苦戦する企画だと「ファン」は分かっていたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。