丸山隆平★関西限定の合う合う〜芸★東京初披露するもシラけムード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「丸山隆平★関西限定の合う合う〜芸★東京初披露するもシラけムード」の事をお伝えしたいと思います。

「11月24日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」に、「フリーアナウンサー」で現在女優として「ドラマ」「黄昏流星群」に出演中の「八木亜希子」が「ゲスト出演」しました。

「関ジャニ∞メンバー」とは全員初対面という「八木亜希子」に対して、「テレビでずっと見てました」「大倉」「僕らも本物やって感じしますよね。学生時代に」「横山」と、小学生の頃に「めざましテレビ」を見ていた世代とのことで、感慨深い様子です。




「ゲスト」が自分の独特の「クセ」や「エピソード」を打ち明け、もう一人だけ共感する人を探す「もひとりおるおる」「コーナー」は、「7名中2名」が共感すると高級料理を食べられるという「ルール」です。今回の場所は、表参道にある「イタリアン」「LA FIORITA」です。

「八木亜希子」の最初の「クセ」とは、「変わった苗字の人がいると聞き返さずにはいられない」というものです。これには「村上信五」ただ「1人」が「めっちゃわかります。御手洗「みたらい」さんとかお手洗いで御手洗?とか」と共感します。「兜森「かぶともり」さんとか、宇賀神「うがじん」さん。今まで自己紹介するたびに、どういう人生歩んできたんだろうとか思うの」と「八木亜希子」は変わった苗字に興味津々のようです。

見事、おるおる的中ということで「カジキマグロの香草パン粉焼き」の食す「メンバー」でしたが、「丸山隆平」が付け合わせのみかんと「カジキマグロ」を一緒に食べるという行為に出ると、「横山裕」は「合えへんぞ。お前そんな食い方」と「バッサリ」。すると、「丸山隆平」は「あ、カジキマグロとみかん 合う合う〜!!」と、突然、犬の遠吠えのように雄叫びします。この謎の絶叫に、周囲が、「どしたどした?」と「シラケる」中、「横山裕」が「関西ローカルではずっとやってるやつや。関西でやってもこんな感じや」と暴露します。どうやら「丸山隆平」の「スベり芸」だったようです。




そのほかの「八木亜希子」の「“おるおる”」は、「いい言葉を聞いたらメモ帳に書き留める」というものでした。これに共感したのは、「横山裕」ただ「1人」でした。「面白い出来事あったら携帯に入れてしまうクセが」という「横山裕」は、「笑福亭鶴瓶」に日頃あった「面白エピソード」を「メモ」することを勧められたそうです。そんな「横山裕」の「スマホ」を「チェック」すると、「1円をつくるのに2円かかる」「唐辛子の辛さの単位はスコヴィル」といった豆知識のほかに、「メンバー」の「面白エピソード」も書いてあるようです。

「村上さんとマネジャーと最近飲むことがあったんすけど、村上さん、酔っぱらうと、最近東京弁しゃべります。「“じゃんかー”」って、よう言うなって」と「村上信五」が東京弁を使うことを暴露しました。「メンバー」の笑いを誘っていました。

「SNS」上では、「今日の「クロニクル」、「ジャニ勉」「関西テレビ放送」でよく丸がやる「合う合う〜!」やってた。関東上陸〜!」「丸ちゃんの「合う合う~!」が東京デビュー。ヨコヒナのツッコミもさすが「笑」」「酔うと標準語になっちゃう村上さんかわいい」などの「コメント」が集まっていました。

「ジャニーズアイドル」でも東西を分けて芸を披露しても「ドン引き」されることがあるんですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。