岩橋玄樹★ZIP!登場★うれしい&癒やされる★ファン感激

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岩橋玄樹★ZIP!登場★うれしい&癒やされる★ファン感激」の事をお伝えしたいと思います。

「11月19日~23日」に放送された朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内の「King&Prince」の「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」には、「岸優太」と「岩橋玄樹」が登場し、道具を一切使わない「サバイバルキャンプ」に挑戦しました。

「パニック障害」の治療に専念するため「11月」から活動を休止している「岩橋玄樹」ですが、前週の予告で「岸優太」と一緒に登場することがわかると「ネット」では「もうないと思ってたからうれしい」「お休みギリギリまで頑張ってくれてありがとう」「しばらく会えないティアラのためにお休み前も頑張ってくれてたんだね」「岸くんと一緒で良かった」という声が多く寄せられていました。




まず「サバイバルキャンプ」を行ううえで大事なのは生き抜く知識のようです。師匠によると、水がある状態であれば食べ物がなくても「3週間~1カ月」「※諸説あり」程度は持つといいますが、水なしだと「3日程度」しか生き残れないといいます。

そしてさらに大事なのが「体温」で、寒い時に体温が下がれば数時間しかもたないといいます。そこで、「2人」は寒さ対策として落ち葉を布団代わりにする方法を実践し「マジあったかい!」「岸」「寝れる!」「岩橋」と感動すると、その後は、落ち葉布団と集めた枝を使って冬用の「防寒シェルター」を作ります。「岩橋玄樹」がつまずいて「シェルター」が崩壊してしまうという「アクシデント」には、「汚れちゃった」と服を気にする「岩橋玄樹」に「汚れちゃったじゃねぇよ!」と「岸優太」が一喝していましたが、修復するのもあっという間でした。

落ち葉の屋根をのせて完成させた「シェルター」は見た目こそ極狭ですが、入ってみた「岸優太」によると「気持ちいい。結構ふわふわですし、腰の負担も少なめ」「ガチで寝られる」とのことです。狭い「シェルター」に体をすっぽりとおさめるには、体を波打たせるようにしながら奥に進んでいかないといけず、「落ち葉シェルター」から顔だけ出している姿はまるで「“みの虫”」です。一方の「岩橋玄樹」は「なんかカブトムシの匂いがする」と感想を述べていました。




さらにその後は、夏用の暑さをしのぐための「簡易ベッド」も作ることになりました。「ベッド」といっても少し太目の木の枝をただ乗せただけの「超シンプル」なもので、「岩橋玄樹」は「怖いなぁ」と言いながら、お尻、足、そして最後に手を放すといったように慎重に横臥。一方の「岸優太」は、思い切りよく「ドスン」と横になり、師匠は「大胆にいくね。こぇ~」と「ベッド」が壊れないか「ヒヤヒヤ」します。ですが、「岸優太」はその上で「腕立ていけます!」とさらに「筋トレ」をやり始め、これには師匠も「ちょ、ちょ、ちょ、ちょ」と動揺していたのでした。

そして次週も引き続きこの「2人」が「サバイバルキャンプ」に挑戦します。「“弓きり式火おこし”」に挑戦するといいますが、煙が出てきた木の匂いをかいで「めっちゃいい匂いがする」と言う「岩橋玄樹」に対して「おえっ」とえずく「岸優太」です。正反対の「リアクション」をする「2人」は、まるで兄「岸」と妹「岩橋」のようだと「ファン」の間ではいわれており「兄妹ほんとに平和」「きしいわ兄妹癒される」といった声が集まっていました。

「パニック障害」を公表してからは初めての「コーナー登場」となった「岩橋玄樹」」でしたが、「グループ最年長」であり「Jr.時代」から活動していた「岸優太」と一緒ということで安堵した「ファン」も多かったようです。

完全復活までにはまだまだ時間が必要だと思いますが諦めかけていた番組出演に「ファン」にとっては癒しの時間になったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。