二宮和也★It・一途★連載10年突如終了★結婚の布石と波紋呼ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★It・一途★連載10年突如終了★結婚の布石と波紋呼ぶ」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「女性ファッション誌」「MORE」「集英社」で連載している「It「一途」」が、「10年」の節目で終了することが明らかになりました。好評を得ていた連載だけに、多くの「ファン」が「ショック」を受けると同時に、交際中とされる「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」との結婚が頭をよぎる人も少なくないようです。

「2009年1月号」から「スタート」し、このたび「10周年」を迎えた「It「一途」」です。「2019年1月号」「11月28日発売」では「It「一途」10周年スペシャル~ありがとう~」と題して、「秘蔵アルバム」などを含め「12ページ」の大特集を組んでいます。また、「二宮和也」は通常版「付録あり」の表紙を務めており、男性芸能人では「15年」ぶり、「4人目」の快挙のようです。そんな記念すべき今号について、発売前より「ファン」の間で「ネガティブ」な「ウワサ」が出回っていたといいます。




定期購読している人などが本誌を確認したのか、「2日前」の「26日頃」から「一途」があと「2回」で終了すると、大騒ぎになりました。中身を見れていない人たちは「終了のソースどこ?」と困惑していたものの、店頭に並んだ最新号を見た「ファン」は「一途終わるって本当だったのか」と、愕然としているようです。これまでの連載で、「二宮和也」は時に文章化できないほど思いの丈をぶっちゃけ、赤裸々に語っていたといいます。連載を振り返る中、「インタビュアー」に「でもさ、連載、実は終わっちゃうんだよね?」と聞く形で「サラリ」と重要な情報を発表したようです。「残り2回で終了」だそうで、本人は「よく10年もつきあってくれたよね、みんな。ありがとう」と、読者や関係者に感謝を述べていました。

「10周年」で終止符を打つと判明し、「ネット」上には「「一途」は写真も素敵でよかった。10年間もニノの素敵な写真と思っていることを毎月読めて、ありがたかった」などと、別れを惜しむ声が続出しています。一方で、連載は「プライベート」な話に及ぶ場合も多いためか、「とうとうあと2回で、終了する。結婚したら続けていけないから、先手を打ったね」「終わる理由がなんにせよ、「結婚するからじゃない?」と思われても仕方ない」「終了が結婚への布石にしか思えない 伊藤綾子が脳裏をチラつく」と、過剰反応する声もあるようです。さらには、「終了と綾子は関係ないでしょ」「私は結婚のけの字も考えなかった」との反論も見受けられます。

「It「「一途」」といえば、過去に連載を担当していた「ライター・芳麗氏」に非難が集中したようです。かねてより自身の「Twitter」で「ニノ」と親しげに呼んでいる点などに「一部ファン」が嫌悪感を示していましたが、特に「16年8月号」の同連載が物議を醸したようです。「同年5月」をもって充電期間に入った「後輩グループ・KAT-TUN」に関して「もし、ニノがKAT-TUNと同じ立場に立たされたらどうする?」と「芳麗氏」が質問したところ、「二宮和也」自身は「嵐をやめる」という意思がないこと、「KAT-TUNメンバー」の決断を尊重しつつ「コメント」していました。ですが、事態を知った「ジャニーズファン」は「KAT‐TUNについてそんな軽く聞かないで」「どうしても「立たされたら」って言い方がひっかかる」と「芳麗氏」に怒りの矛先を向け、本人の「Twitter」に手厳しい意見を送る人まで出てしまったようです。




さらに、「芳麗氏」は連載とは別のところで、とある「ミス」を犯してしまいます。今年「4月期」の「二宮和也」「主演ドラマ」「ブラックペアン」「TBS系」が正式発表になる前日「2月1日」、「Twitter」に「ニノといえば、祝ドラマ!」「久々「約4年ぶり?!」の連続ドラマで、日曜劇場で、医者役で。原作のあらすじを読む限り、ドラマは厚みがあり、演じる役柄もパンチが効いていそう」と、「“フライング”」で「ツイート」しました。「ドラマ化」を先取りで報じた同日発売の「週刊文春」「文藝春秋」の記事を見て「公式な話かと勘違い」したといい、当該の投稿は削除しました。後に「芳麗氏」は「Twitter」を閉鎖し、「It「「一途」」も「18年7月号」より担当者が変わっていました。

そのため、中には「ライター変わって、そうなる感はあったよね」と、終了の気配を感じていた読者もいたようです。

こうして、さまざまな意味で話題を振りまいてきた「It「一途」」です。今後、形を変えて復活するのか、もしくは期間を置いて別の雑誌で新連載が「スタート」するのかどうかは、現時点で不明です。「12月27日」発売の次号は「カメラマン、スタイリスト」の「3人」で「今だから話せる「It」の裏側」について語り尽くすといいます。最終回まで、「ファン」が満足する内容を届けてほしいものですね。

「ファン」はどうしても「伊藤綾子」との結婚へ向けての布石にしか思えないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。