岸優太★サバイバル企画★最後の最後で特売品のステーキ肉★師匠に呆れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岸優太★サバイバル企画★最後の最後で特売品のステーキ肉★師匠に呆れる」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内の「King&Prince」の「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」です。「11月26日」から「30日」は、先週に引き続き「岸優太」と「岩橋玄樹」が、「“生命力”」と「“危機回避能力”」を身に着けるべく師匠の下で「サバイバルキャンプ」の極意を学びました。

今回は、難易度の高い「“弓きり式火おこし”」に挑戦した「2人」です。協力して火を起こしていくと、すぐに火種はつくものの炎を燃やすことはできませんでした。「岩橋玄樹」が「吐きそう~!」というほど、とにかく体力がいる作業のようで、時間の経過とともに体力は消耗します。その苦労は、木にあいた穴の数を見れば一目瞭然ですが、師匠の協力を得て「30分」かけてやっと火を起こすことに成功したのでした。




その後は、山奥に食料を調達しに行くということで「鮎とか?」「岸」「お肉とか?」「岩橋」と、期待を募らせる「2人」でしたが、師匠は「草だね!」ときっぱり。なんでも、都会でも見つけることができる野草は「サバイバル」に適している食材なのだといいます。早速見つけた「タンポポ」の葉っぱを食べる「岩橋玄樹」だったのですが「葉っぱだもん 苦い」と味は微妙な様子です。ですが、「ビタミン・ミネラル」は市販の野菜と比べものにならないほど入っているという情報を聞いた「2人」は、師匠が選別した野草を生のまま「パクパク」と食べ始め、「ファン」は「りす「岸」とうさぎ「岩橋」なのかな?」「野草食べるいわち、もうただのうさぎ」「めっちゃ可愛いやん。何この2匹の小動物」と反応したのでした。

さらに水を調達した後は、竹を鍋代わりにして「“野草しゃぶしゃぶ”」をすることになったのですが、意外にもおいしかったようで「うまっ!」「タンポポの味消してくれるね「笑」」などと「2人」は感激しました。

すると、ご褒美があるといって師匠が取り出したのは、まさかの「スーパー」で買ってきた「“特売品のステーキ肉”」でした。今回は「道具を何も使わないサバイバルキャンプ」が「コンセプト」だっただけに「買ってきました」と堂々と宣言する師匠に「岸優太」は「バリバリ買ってきてるじゃないですか!最後の最後で」と呆れた顔でした。




ですが、それをお手製の竹網と炭で「サバイバルBBQ風」に調理すると、「ワイルド」に手づかみで肉にかぶりついた「2人」は「うわぁぁ!」「岸」「のわぁ! うまいっ!」「岩橋」とおいしさに雄叫びをあげたのでした。

最後には「マジで今日は楽しかった」「岸」「ほんとに」「岩橋」と楽しい「ロケ」だったことを振り返るも、師匠から「じゃぁ来週は無人島に行っちゃいます?」と提案されると「無人島はちょっと 厳しすぎるかな」と「岩橋玄樹」。「ファン」からは「無人島編も見てみたい」「無人島企画やってほしい!」「無人島編やりましょう!」といった声が多数上がっていただけに、ぜひ続編も期待したいですね。

厳しい中にも師匠の優しさが「2人」の心を掴んだようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。