有岡大貴★ドリフト体験★バカバカ&初めておしっこちびりそうになった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「有岡大貴★バカバカ&初めておしっこちびりそうになった★絶叫のワケ」の事をお伝えしたいとおもいます。

「12月1日」放送の「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」は、「ゲスト」に「モデル」で「タレント」の「マギー」が登場しました。「有岡大貴&高木雄也」との「カート対決」が放送されました。

前回の「カート企画第一弾」では、「中学1年生」の「美少女天才レーサー・Juju」と対決し、圧倒的な差で敗北した「JUMP」ですが、「高木雄也」はあれ以来「Juju」の「大ファン」だといいます。いつか「高木雄也」が「Juju」に勝つまで今企画は続けられるということで、「高木雄也」と「JUMPメンバー」が「強敵ゲスト」を迎え、腕を磨く「プロジェクト」「カートJUMP芸能界No. 1への道」が始動しました。

今回の「強敵ゲスト」は、「ドリフト」もできる車好きの「マギー」が登場しました。前回と同じく「全長700メートル」の「茂原サーキット」が舞台です。前回は、「Juju」が「41秒04、高木が44秒15、有岡が1分24秒」という記録でしたが、「マギー」の記録はというと「高木雄也」と同じ「44秒」でした。これに「高木雄也」は、「うわー帰ろう!」「俺、今日もう負けたら辞めるわ」と最初から弱音をはく始末です。




その後、「3人」は「スピード感覚」をつかむ特訓として「ドリフト」を実際に体験することになりました。「サーキット場」に、「プロドライバー」が運転する「3台」の車が白い煙をあげながら、とてつもない「スピード」でやってくるのを見た「マギー」は「あなた「スタッフ」、いかれてるから!」と抗議しました。その「ドリフト行為」に、「有岡大貴」と「高木雄也」も目が点になっていました。

ですが、まずは「有岡大貴」から体験します。「ちょっと待った。あーーー!」と雄叫びを上げながらも、車は「猛スピード」で「ドリフト」しながら進んでいくと、「バカバカバカ!」「ギャーーーー!」と目を瞑りながら叫び、「初めておしっこちびりそうになった!」と衝撃告白しました。車が、「高木雄也」と「マギー」の元に戻ってくると、「有岡大貴」は「いやアホか。本当に。いやいやバカか!乗れよ本当に」と激怒し、「ドリフト」は異次元の世界で「初めて本当にちびりそうになった。ちょっと股間キュってなった」と語りました。

一方、「マギー」は「ドリフト」を「めっちゃ楽しい!」と興奮し、「高木雄也」は「いえーい」「こんな音するんですね。かっこいい!」「フォーーー!」と叫び、怖がるどころか終始ご満悦の様子でした。「高木雄也」は「ドライバー」の「運転テクニック」を勉強するほどの余裕を見せ、「有岡大貴」と「マギー」の元に戻ると、「やばい!クソ楽しい!」「もうカートいいや。俺」と言うほど「ドリフト」が気に入った様子です。

この特訓を経て、「有岡大貴」の「レース記録」は「48秒」と前回よりも大幅に「タイムアップ」しました。この結果に、「有岡大貴」は「恐怖心がなくなって楽しめる メンタルでしょうね」と自己分析を展開しました。続いて、「カート」は体重が結果に響くということで、昼は「サラダ」と汁ものしか食べなかったという「ストイック」さを見せた「高木雄也」、その「タイム」は「43秒06」でした。「マギー」は「44秒」を記録しました。




そして、いよいよ「マギーVS有岡大貴&高木雄也」の「カート対決本番」が「スタート」しました。「有岡大貴と高木雄也」が「各2周」走り、「マギー」が「4周」走って「タイム」の速いほうが勝利ですが、「マギー」は「2周」終わりに「ピットイン」して「レッドカーペット」の上で「ウォーキング&ポーズ」をするという「特別ルール」が発表されました。

結果は、「有岡大貴」が「スピン」を何度も繰り返し、「高木雄也」が前をいく「マギー」に追いつこうとしたものの健闘むなしく敗北します。ですが、「高木雄也」は「42秒」と自己最高記録を叩き出し、最後に「私は負けません。Jujuに勝つまでは」と「武田鉄矢」の「モノマネ」で締めたのでした。

「SNS」では「おしっこちびらなくて良かったね、大ちゃん」「ゴーカートおもしろかった~。かわいかった」「大ちゃん、相変わらずナイスやわ!大ちゃん、最高」という声が集まっていました。

異次元の世界を体験して冷静にいられなくなるのは当然のことですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。