二宮和也★男性ファン★媚び売ってる。20年前に戻って出直してこい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★男性ファン★媚び売ってる。20年前に戻って出直してこい」の事をお伝えしたいと思います。

「12月2日」放送の「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」は、「ゲスト」に「Sexy Zone」の「中島健人、フットボールアワー」の「後藤輝基、IKKO、みちょぱ」「池田美優」が出演しました。

今回の企画は、「○○を知らない人」と題し、「国民的アイドル」の「二宮和也」を知らない人を見つけて、「スタジオ」で「なぜ知らないのか?」「一体、何者?」などその人の人生を紐解いていくというものでした。




「MC」の「後藤輝基」が「これだけ有名な超スーパースターアイドルグループの嵐の二宮。この男を知らないという人を、スタッフ血眼になって探しました」と言うと、「二宮和也」は「もうフリがいやらしい」「いるよ。そんなのは!」と謙遜するものの、街での「インタビュー」の「VTR」が「スタート」すると、やはりなかなか見つからないようです。

「20年」「アメリカ暮らし」の男性は、「クリント・イーストウッドの映画に出ていた気がする。それで覚えています」と、「アメリカ」に長く暮らしていても「二宮和也」を知っている様子です。これには、「おー、よかった。出てて」と「二宮和也」もうれしい表情をみせました。

成城で「インタビュー」した女性は「ドラマ」を見て「二宮和也」を知り、池袋の「コスプレフェス」で「ドラえもん」の「コスプレ」をしていた男性は、実は「ジャニーズJr.時代」から見ていたという「二宮和也」の「大ファン」でした。「昔はもっと尖ってて、本当にしゃべんなくて無口なキャラだったのに、今もうめっちゃしゃべるじゃないですか。なんか媚び売ってるのかなって感じですよね。昔に戻れ!20年前に戻って出直してこい!」と厳しい意見を述べると、「二宮和也」は両手で顔を覆い、声を上げて笑っていたのでした。




そんな中、「二宮和也」を知らなかったのは、「全身フル装備」の「コスプレイヤー」である「ザック・トレーガーさん」と、青森から上京して「2週間」の「作曲家・野坂公紀さん」でした。「スタジオ」で「2人」は「二宮和也」とご対面すると、「野坂公紀さん」は「二宮和也」のことを「ジャニーズ的な?」と問いかけます。「二宮和也」は「いやいや。ジャニーズ的なじゃないです。ジャニーズですから!」と言い直す場面もありました。

そんな「野坂公紀さん」がなぜ「二宮和也」を知らないかと言うと、「12年前にテレビが壊れて以来テレビを見なくなったため」と言い、小さい頃から実家の「トンカツ屋」さんの手伝いをしていて、あまり「テレビ」を見る習慣がなかったといいます。また、「ザックさん」は「介護の仕事が不規則で、テレビを見なくなったから」と話しました。

この放送に、「SNS」上では、「ニノさん昔ツンツン無言キャラだったのに、めっちゃしゃべるようになったよね」「Jr.時代の無口なニノちゃんを熱く語る男性。 自分も「8時だJ」「テレビ朝日系」のぼーっとしてたニノちゃんが大好きだったんでなんだか親近感。だが今の「“おしゃべりかずなり”」と言われた時代。どっちのニノちゃんもいいわ」「ニノさんを知らない人なんている?って思ったけど、どんどんTV見なくなっちゃってるから、私、ニノさん界隈以外ぜんぜん知らない人だな」などの声が集まっていました。

探せば居るものですね。「二宮和也」を知らない人間がいるとは開いた口が塞がらないですよね。



SNSでもご購読できます。