村上信五★7年後だと僕が43歳★大阪万博2025に意欲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★7年後だと僕が43歳★大阪万博2025に意欲」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の「村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五の週刊!関ジャニ通信」「ABCラジオ」が「12月2日」深夜に放送されました。




この日の最初の話題は先月「23日」に誘致が決定した「2025年」の「大阪万博」についての話題でした。「村上信五」は大阪の高槻市出身ということもあり、冒頭から興奮気味に「万博が大阪に決まったりもしまして!テレビ夜見てたんですけど、「速報」「速報」って言っても全然決まらへんから「大丈夫かな?」と思ってましたけど、決まる時はあっという間に決まるもんでね」と誘致決定について「コメント」しました。「大阪の「知り合いの」方々にもメールしたりとかっていうのもありましたけど、日本が活気づくいいきっかけになりますね、2020年の東京オリンピックもさることながら」と話しました。

「関ジャニ∞」が「大阪観光シンボルキャラクター」も務めているということもあり、誘致決定の翌日、喜びの「コメント」を発表した「村上信五」ですが、「「以前開催された」1970年のときはわれわれ世代は生まれていないわけですから、モノクロの映像でしか見たことないですけれども、「“太陽の塔”」は大阪の実家から近所っちゃあ、近所でもありますので」と、幼少期から「“太陽の塔”」が身近な存在だったことを告白しました。「親から聞いてる万博しか知らないですけど、実際に自分たちの目の前で行われるかと思うと、こっからの7年ちょっと、技術革新もそうだし、文化もえらい変わってるでしょうから。愛知のときもそうでしたから、東京オリンピック終わってから「なにが目玉になって」っていうのは今からワクワクしますけれども」「想像もつかんくらいに街も進化するでしょうしね」と、ただ楽しみなだけではなく、「文化・技術面」での発展についても期待を寄せていました。

さらに「村上信五」は「僕もそれまでにまだ第一線で頑張っていればですけど、なんとかね、ご協力できることがあれば、ぜひ募集させていただきたいですけれども」と「コメント」しました。「7年後だと、僕が43歳。いい形で迎えられればと思います」と話していました。




この話題に「リスナー」からは「全然現役でいけるでしょ!」「大阪万博で活躍する村上くん見たい!」「きっと現役バリバリでなにかお仕事やってくれるんだろうな」といった声が集まっていました。

また、最後には番組の放送が今年残り「4回」ということを受け、「万博までは頑張って1000回は超えたい」と「コメント」していた「村上信五」です。「大阪万博」に多大な期待を寄せているようです。

「7年後」の「村上信五」が「メインキャスター」を務めている姿を「ファン」が見たいのは当然ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。