村上信五★関ジャム★山崎弘也の持ちネタ間違える★メンバーから総ツッコミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★関ジャム★山崎弘也の持ちネタ間違える★メンバーから総ツッコミ」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「12月2日」は「プロフィギュアスケーター」の「荒川静香」と「無良崇人」、そして数々の「スケート選手」の振り付けだけではなく、「人気アニメ」「ユーリ!!! on ICE」の振り付けも手掛けた「宮本賢二」を「ゲスト」に迎え、音楽面からみた「フィギュアスケート特集」が行われました。




「フィギュア」は、「今シーズン」から「ルール」が改正され、技術点を重視する採点方式から出来栄え点や演技構成点なども重視される方式に変更されました。そこで、今まで以上に音楽に合った演技ができるかどうかも採点基準として重要な「ポイント」となるようです。そして、音楽に乗って「ステップ」を踏むだけではなく、「ジャンプ」と音を「シンクロ」させたり、強弱に合わせて「スピン」の回転速度を変更したりするなどの細かい演技が高得点につながると解説されました。

また、「宮本賢二」の場合は動きの振り付けだけではなく、「足や顔の角度、決めポーズ、髪形」などを含めて総合的に「プロデュース」していくようです。そこで、振り付け方法を実演してもらうことになり、「アンタッチャブル・山崎弘也」の「持ちネタ」「くるー!!」に振りをつけてもらうことになったのですが、進行役の「村上信五」は「ザキヤマさんの「やるー!!」とかあるじゃないですか」と発言します。

すぐさま「山崎弘也」に「「くるー!!」ね」と訂正されていたのですが、これに「関ジャニ∞メンバー」は「新しい、新しい「笑」」「安田章大」、「やばいよ、凡ミス!何してんすか!」「錦戸亮」と「総ツッコミ」します。素で間違ってしまい、笑うしかない「村上信五」でしたが、「ネット」上でも「たまに出てくる信ちゃんの天然発言「笑」」「凡ミスするヒナ」と「ツッコミ」の声が上がっていました。




そして今回の「JAMセッション」では、「サラ・オレイン」とともに「丸山隆平」が「ボーカリスト」として、「フィギュア」の定番曲でもある「オペラ座の怪人」を披露しました。伸びのある高温と重低音をうまく使い分けており、「かっこよすぎる これは本格的なミュージカルくるんじゃないの?」「上に抜けるような歌声も丸山さんの魅力だけど、地を這うような低音はファントムの怪しさに合う」「色気がすごい」「また一つ永久保存版のセッションが生まれてしまった!」と「ファン」も感動する歌声を披露していました。

近年は舞台にも活躍の場を広げて、幅広い難役にも挑戦している「丸山隆平」です。今回の「オペラ座の怪人」を「キッカケ」に、「ミュージカル」に抜てきされる日もそう遠くないかもしれないですね。

「山崎弘也」の「持ちネタ」の「バリエーション」があるせいで「村上信五」も間違えてしまったんでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。