三宅健★おっかしいよね&なんの調整してるんだろね★カウコンの愚痴ポロリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★おっかしいよね&なんの調整してるんだろね★カウコンの愚痴ポロリ」の事をお伝えしたいと思います。

「V6」の「三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「12月3日」深夜の放送回は、「ジャニーズカウントダウンコンサート」について言及しました。

「12月」に入り、今年もあっという間だったと「1年」を振り返った「三宅建」は、毎年大みそかから元旦にかけて行われる恒例の「年越しライブ」「ジャニーズカウントダウン」の話題に触れ、「カウントダウンは、もはやね。俺たち「V6」付録みたいなもんだから。オマケとは言わないよ。オマケって言うのはさすがに自分で自分のことを卑下しすぎだから、そうは言わないけど。まぁ、付録だよ。若い子たちのためのイベントだからさ」と語りました。




さらに、「「J-FRIENDS」としてさ、始まったのがカウントダウンなんだよ。元々は。そんなのもすでに忘れ去られてるからね。世の中の人には」と、「1997年」に「TOKIO、V6、KinKi Kids」の「3グループ」で結成された「J-FRIENDS」が、「阪神・淡路大震災」への「チャリティー活動」の一環として「カウントダウンライブ」を始めたことに言及しました。

「僕は、それを楽しみにして見に来てくれる人がいて、カウントダウンでお会いできるのはうれしいですけども。ただ、ギリギリにしかわかんないんだもん、カウントダウンって。おっかしいよね」と愚痴を「ポロリ」。これには「マネジャー」も「そうですね。ギリギリまで調整」と同意すると、「なんの調整してるんだろね?」と疑問を投げかけました。

また「三宅建」は、「カウントダウンコンサート」の困ることとして、「カウントダウンってすごい中途半端だと思わない?カウントダウン終わって、川崎大師行って帰って来ると4時ぐらいなわけ。そこからすぐ寝れたらいいんだけど、23時とかにコンサートやってるわけじゃん。アドレナリン出てるんだよ、こっちは!すぐ寝れるわけないじゃん!」と、就寝に影響が出ることを告白しました。

「ここまで来たら、もう起きたまま初日の出を拝むかというのが僕の毎年の恒例なんですけど。そうすると寝るのが9時ぐらいになるわけですよ。で、目覚めると夕方なわけですよ。やべー、どうしよう。もう、半日終わってしまっているっていう」と、半日を無駄にした罪悪感で新年が始まってしまうことが悲しいと吐露しました。




ですが、そんな「三宅建」が「カウントダウン」に出られなかった年が「1年」だけあったようで、「十何年やってきて、初めてカウントダウンをテレビで見たよ。とてつもなくゆっくりできるという安堵感とともに、押し寄せて来る寂しさを感じた。あー、俺、出てないなーみたいな」と当時の心境を吐露しました。

「V6」不参加となった「カウントダウン」は、「2013〜14年」のことでした。当時、同番組で「リスナー」から不参加の理由を問われると、「三宅建」は「下の人たちに譲っていかないといけないっていうのもあるんじゃないの?」と語っていましたが、やはり寂しさがあったようです。

「SNS」上では、「カウコンに出るV6は付録!? いやいやいや、V6を見るためにカウコン見てる人ここにいますよ〜」「健くんが付録だなんて思ったことないもん!」「そんな悲しいこと言わないでよ健ちゃん!誰も忘れてなんかないよ。あなたたちが最初にカウコンやったってこと」「カウコンに出ない寂しさを二度と健くんに味わわせたくないなぁ」などの声が集まっていました。

「ファン」の言う通り付録と思っているのは「三宅健」だけだと思いますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。