滝沢秀明さん★もうひとつの顔★5大溶岩湖・極地探検家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「滝沢秀明さん★もうひとつの顔★5大溶岩湖極地探検家」の事をお伝えしたいと思います。

滝沢秀明さん」はこの「3月」に「36歳」を迎える年男です。「2018年」の上半期は役者業一色となりそうです。「1~2月」は、初の弁護士役を演じる「連ドラ」「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」「フジテレビ系」で「2月3日スタート」の撮影です。「3月」は、主演と演出を担う恒例の舞台「滝沢歌舞伎2018」の稽古に追われ、「4~5月」は「東京新橋演舞場6月は初の愛知御園座」で本番を迎えます。「プライベートタイム」は当分、お預けです。「仕事漬けになることで事務所関係者は胸をなでおろしている」といいます。




1月2日」の「クレイジージャーニーSP」「TBS系」で「タッキー」のもう一つの顔、火山探検家が明らかになりました。彼はこれまで「趣味は登山」と「ファン」や「スタッフ」に公言していましたが、実際に訪れていたのは、戦地さながらの危険地域でした。この春から夏にかけては、「プライベート返上」で「撮影稽古本番」に臨まなければならないため、関係者は「ホッ」とひと安心です。

滝沢秀明さん」が今まで「登山」といっていたのは、溶岩湖めぐりのことでした。これは、溶岩が長時間滞留して湖のようになった場所のことで、往復の道のりはもちろん、目的地も「5分」と踏みとどまっていられないほど危険だといいます。「高熱マグマ」のため「有毒ガス落石」など、どこから何が襲ってくるかわからないからです。そんな「デンジャラスゾーン」に足しげく通っていることが事務所に「バレ」たら、即刻禁止を言い渡されると思い、ひた隠しにしてきたのでした。

5年」ほど前、「TBS」の特番で「バヌアツ共和国」の「マルム火山」を訪れているんですが、これが大きなきっかけとなったようです。そこから、「5大溶岩湖」といわれる「コンゴ民主共和国」の「ニーラゴンゴ山エチオピアのエルタアレ火山バヌアツ共和国のマルム火山」と「ベンボウ火山」の「4つ」を制覇しています。「クレイジージャーニー」では、東京から飛行機で「13時間」もかけて、「4度目」の「バヌアツ共和国」で「2度目」の「ベンボウ火山」を訪れましたが、この国は火山密集地域なので探検家からすると聖地だそうです。




登山の際には、日本人のまとめ役、「カメラマンドクター」と、外国人の「テクニカルリーダーテクニカルアシスタント」を携え、自身は「アタックリーダー」という立場です。「ベースキャンプ」で張る「テント」は、「大人1人」が足を伸ばして寝られる「サイズ」です。「寝袋ベッド」も用意し、全身を覆う「火山用ヒートスーツ」は「ニュージーランド産」の「オーダーメイド」で「50万円」です。「火山ガス」や雨に強い「ラック」「崖を下る際の装置」も特注です。まさに「ガチ」の火山探検家なのです。

タッキー」は今や「年1ペース」以上で「“極地探検家”」に変身しています。今年の下半期にはどこへ向かうのでしょうか。

滝沢秀明さん」の向上心の高さがあれば「5大溶岩湖」制覇は実現可能かも知れませんね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。