松本潤★話すところじゃない&かき乱される★ファンの絶叫に指導

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松本潤★話すところじゃない&かき乱される★ファンの絶叫に指導」の事をお伝えしたいと思います。

「11月16日」の「北海道・札幌ドーム公演」を皮切りに、「5大ドームツアー」「ARASHI Anniversary Tour 5×20」を開催中の「嵐」です。「12月2日」の「福岡ヤフオク!ドーム公演」では、一部演出に対する客席の反応をめぐって、「メンバー」の「松本潤」が「ファン」に「“指導”」する一幕があったといいます。

そのきっかけは、「櫻井翔」が「ピアノ」で生演奏を披露する「アオゾラペダル」「2006」の場面。これまでの公演では、「櫻井翔」の演奏に合わせて「ファン」が合唱するなど、感動的な「ムード」に包まれる楽曲とのことですが、「2日」は「ピアノ」を弾き始める前、「一部ファン」から「翔くん~」「頑張れ~」といった応援の声がかかったそうです。




会場の静寂を突き破るような絶叫だったようで、「ネット」上には「翔くんが怒ったのがわかった。ピアノの弾き方も怒ってた」「翔くん、怒った態度でパフォーマンスしてて、なんか不機嫌だった」といった、現場の張り詰めた空気を伝える「レポート」が複数上がりました。また、そうした声援に対し、客席からは「クスクス」っと笑い声も起こったそうで、「雰囲気ぶち壊し」だったという声もあるようです。

その後の「MCタイム」で、「相葉雅紀」らが「櫻井翔」の「ピアノ」について「完璧だった」と褒めた際、「松本潤」が「「歓声で」かき乱される中でよくやった」と、「ファン」のかけ声に言及したようです。「櫻井翔」がこの言葉に「よくわかってる」と同調すると、「松本潤」は「ファン」に向けて「あそこ話すところじゃないからね」と、苦言を呈したといいます。

この発言が広まると、「松本潤」が「ファンに怒った」との話だけが先行したようです。ですが、現場にいた「ファン」からは、「軽く注意してるだけだった。激怒とかそんな大げさじゃなかった」「「あそこ話すところじゃないからね」って、笑いながら言ってただけ」との反対意見もあったようです。

さらに、「コンサート最後」の「松本潤」の挨拶をめぐっても意見が紛糾しました。「松本潤」が、「ファン」の持つ「ペンライト」について、「別のペンライトを持ってきてる人もいたけど、今日見てると誰一人違う色になることなく、ペンライト持ってくれてて感謝してます」と、「今ツアー」の「ペンライト」を持つ「ファン」に、お礼の言葉を述べていたようです。




この話の後に、「毒づいてごめんね、大人げなかったです」と謝罪したそうです。これについて「別のペンライトを持ってきてる人」に対し毒づいたのだととらえる「ファン」と、「あそこ話すところじゃないからね」と「櫻井翔」に声援を飛ばした「ファン」に毒づいたととらえる「ファン」で、意見が二分している状況のようです。そのため、「叫んだ人に「毒づいてごめん」って謝ったけど、潤くんが正しいから気にしなくていい」「大人げなかったって言うけど、ちゃんと叫ぶ人を注意してくれてありがとう」という声と、「潤くんが大人げないと謝ったのは、ペンライトの話。全然違うことになってる」「ペンライトの話をしていたから、そのことだよ」とする意見が上がっています。

発言の意図をめぐって意見が割れる中、「そもそも、空気を読めない人がいたことが問題」とする指摘もあるようです。福岡公演といえば、「2015年」には「櫻井翔」が「ソロ曲」「Rolling days」を「パフォーマンス」する際、「スネアドラム」の「ソロパート」で「スティック」を落としてしまう「ハプニング」が発生しました。これによって客席の一部で「笑い声が聞こえた」といい、「櫻井翔」が親子席の「ファン」に「少年少女たち、人の失敗を笑うような大人にならないでください」と、呼びかけたという一件もありました。

「15年」の再現のように、「櫻井翔」の見せ場で「ファン」が冷静さを失う展開となった今年の「福岡ドーム」ですが、今後の公演においては、「メンバー&ファン」が最後まで「コンサート」に集中しつつも、心の底から楽しめることを願いたいですね。

「松本潤」が「ファン」に指導したのは当然のことであり「コンサート」を観覧する「ファン」も最低限の「マナー」は守りたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。