岸優太★VS嵐★足つれる&気功披露★全ページバカの評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岸優太★VS嵐★足つれる&気功★披露も全ページバカの評価」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が「12月6日」に放送されました。

この日の「オープニングトーク」では、「大野智」が「Hey!Say!JUMP」の「知念侑李」と食事に行ったという話題で大盛り上がりしました。「大野智」は、「知念侑李」が「ゲスト出演」した「相葉マナブ」「テレビ朝日系」「10月28日」放送回をたまたま見ていたといい、そこで「知念侑李」が「大野智」について「「ごはん行こう、スケジュール出すから」って言ってたのにもう1カ月以上経ってるじゃんか!」と絶叫しているのを見て、ようやく食事会を実施したとのことでした。




そんなこの日の対戦相手は、「12月21日」公開の映画「ニセコイ」「チーム」でした。「嵐」の後輩である「Sexy Zone・中島健人」と「King&Prince・岸優太」が登場しました。「中島健人」といえば出演のたびに「セクシー意気込み」をすることでお馴染みです。「櫻井翔」から「セクシー意気込みでいこう!」と振られると、「その件なんですけど、ちょっと「セクシー」言いすぎちゃったかな」とためらいを見せ、「今日の意気込みはSJYで!」と「同チーム」の「DAIGO風」に宣言しました。「セクシー時代にようこそ!」と華麗に微笑んでいました。

そんな「中島健人」、「2017年7月」の同番組では、なかなか「大野智」を「大ちゃん」と呼べないという話題が出ていましたが、いまでは「さとちゃん」と呼ぶように「大野智」本人から言われていると告白しました。ですが「中島健人」は「長幼の序を大切にしたい」ため、「さとちゃん」呼びにためらいがあるそうです。「好きな人をいつ呼び捨てにするかと一緒で、いつ「さとちゃん」って呼ぼうかタイミングが」と話し、実際「スタジオ」で「大野さん」「大野くん」と話しかけるも「大野智」は無視します。「大ちゃん」も「ダメ」で、「さとちゃん!」呼びで、ようやく「何だい?」と「大野智」が満面の笑みで反応する一幕もありました。

また、「岸優太」は「ボンバーストライカー」でへなちょこ「ボーリング」を見せた後、「クリフクライム」にも挑戦しましたが、意気込みを語る場面で「カミカミ」です。そんな「岸優太」との関係について、「中島健人」は「かわいくて大好きな後輩」「sexyの初めての後輩」と紹介しましたが、そこに「櫻井翔」が「菊池と仲いいんだよね?」と「岸優太」に「Sexy Zone・菊池風磨」との仲について指摘しました。「櫻井翔」のもとに「明日岸お願いします!」と「菊池風磨」から「メッセージ」が届いたことも判明し、それを知った「中島健人」が「岸優太」を睨むと、焦った「岸優太」は「健人くんは友達っていうよりsexy弟子です!」と言い繕う場面もありました。




その後、「二宮和也」に促され「いつでも足をつれる」という特技を披露し、「スタジオ」を爆笑に誘った「岸優太」でした。さらに、別の特技「気功」を披露する際には、「人の痛みとか疲れ、本当に治せるんです」と豪語します。目を閉じて集中した後、「見えました」と一言決めてみせると、「嵐」だけでなく「プラスワンゲスト・TKO」からも「岸くんごめんなさい。全ページバカよね」と「イジ」られてしまったのでした。さらに、「クリフクライム」に挑戦したものの、「ゴールボタン」を押し忘れるという痛恨の「ミス」。これが「V6・三宅健」に次ぐ史上「2人目」だと判明すると、「なんかわかる」「おめでとう」と「嵐」も納得したのでした。

さらに「キッキングスナイパー」でも蹴った「ボール」のほとんどがあさっての方向に飛んで行ってしまい、結果を残せなかった「岸優太」でした。番組終わりに、今日のまとめを求められるも「TTです。やっぱりTTTでいいですか?」「たまらぬしか」と噛みまくりで感想も言えずといった調子で、最後まですっかりいじられ「キャラ」をまっとうしたのでした。

「ジャニーズ祭り」となったこの日の放送後、視聴者からは、「嵐、めっちゃ後輩盛り上げてて優しさが伝わった!」「ケンティー、今やセクシー弟子を取る立場になっていたのね」「岸くんのポンコツぶり面白すぎるでしょ!」といった声が集まっていました。

「岸優太」の「新キャラ」が未来の「ジャニーズアイドル」の「スタイル」になるかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。