井ノ原快彦さん&有働由美子アナウンサー★あさイチ降板ウラ事情

こんにちは。
今日は「井ノ原快彦さん&有働由美子アナウンサー★あさイチ降板ウラ事情」の事をお伝えしたいと思います。

降板が伝えられていた「有働由美子アナウンサー」に加え、「V6井ノ原快彦さん」も「3月」に「あさイチ」「NHK」を辞めることが、「週刊女性」「主婦と生活社」の「ニュースサイト」に続き、「5日付」の「スポーツニッポン」でも報じられました。同番組の「ファン」からは悲しみの声があふれ、また「“同時降板”」となった原因については、業界内でも諸説飛び交っていますが、「一部」では「「ジャニーズサイドの怒りを買ってしまったため」といわれているようです。

番組開始から「8年」、朝の情報番組では「“最強タッグ”」といわれた「井ノ原快彦さん」と「有働由美子アナウンサー」です。高視聴率を稼いでいるだけでなく、世間からの好感度も上々と、まさに「“向かうところ敵なし”」状態だったものの、年始早々、両者の関係に「“不協和音”」がささやかれるようになりました。

一部スポーツ紙」が、「有働由美子アナウンサー」の「3月降板」を報じたことで、「ジャニーズ事務所」が大激怒したようです。というのも、「井ノ原快彦さん」や「ジャニーズサイド」は、「有働由美子アナウンサー」の進退について一切報告を受けていなかったそうです。事前の相談もなければ連絡もなく、「“相方”」の降板を報道で知らされたことで、「ジャニーズサイド」が「「有働アナは仁義を切らなかった」、つまり「業界内のルールである「“挨拶”」を怠った」と怒っているようです。業界関係者の間では、「ジャニーズの怒りは当然」と受け止められているようです。




ジャニーズ」の「藤島ジュリー景子副社長」は、すぐさま「有働由美子アナウンサー」の「“身辺調査”」を行い、番組降板は自身の「フリー転身」が理由ということまで、即座に突き止めたといいます。

有働由美子アナウンサー」もそうですが、「NHK」にとっても「ジャニーズサイド」に筋を通さなかったことは大問題のようです。最初の降板報道後、「やはり有働アナの降板は見送るべきか」といった話も局内で浮上したようで、降板の正式発表にはだいぶ時間がかかったようです。

こうした背景により、「ジャニーズサイド」は「「井ノ原も同時降板」という結論を出したようです。

NHK」は勝手に「有働由美子アナウンサー」の降板を進めた挙げ句、それを「マスコミ」にすっぱ抜かれてしまいました。そのことで、「ジャニーズ」に「番組や局を信用できなくなった」「「井ノ原も降板させる」といわれれば、返す言葉もないでしょう。「一部」で、「井ノ原快彦さん」が降板を決めたのは「「“有働由美子アナウンサーが降りるなら僕もという思いから“」と報じられましたが、舞台裏ではこのような波瀾含みの事態になっていたようです。




井ノ原快彦さん」の進退を、「週女」に「キャッチ」されてたのも、「NHK」にとっては大きな痛手になったといいます。

スポニチ」が「井ノ原快彦さん」降板情報を「キャッチ」できたのは、「週女」が先駆けて「NHK」に問い合わせをしたためのようです。「8年間」続いた「有働由美子アナウンサー」×「井ノ原快彦さん」の「タッグ」も、最後は「マスコミ」にすっぱ抜かれ合うという散々な結末を迎えてしまいました。

こうして「“最強タッグ”」を失った「NHK」です。ここで「ジャニーズサイド」に作った「“貸し”」は、とてつもなく大きいようです。しばらくは同局の番組の「キャスティング」など、「ジャニーズ」の意向に配慮を求められることとなりそうです。「業界ルール」を破った結果がこれでは、「番組ファン」は悲しむしかないでしょうね。

挨拶」を怠るの「ルール違反」は他の世界や業界でも良くないのは誰が聞いても分かることですよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。