藤井流星★ダサい歌詞&戦やから★中間淳太との長男ソング語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「藤井流星★ダサい歌詞&戦やから★中間淳太との長男ソング語る」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティー」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」の「12月8日」深夜放送回には「神山智洋」と「藤井流星」が登場しました。「5日」に発売された「ニューアルバム」「WESTV!」の楽しみ方や裏話について語りました。

まず、「神山智洋」が作詞作曲した「We are WEST!!!!!!!」については、「ファン」が「メンバー」の名前を呼ぶ「パート」があるため、「ライブ」でやるときは「みんなイヤモニ取るよね。俺は絶対取る!」と「神山智洋」。「藤井流星」も「あんまり会場全体で名前を呼んでもらえることもないから、楽しみ」のようです。来年「1月3日」からは、「ライブ」「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2019 WESTV!」が始まるため、「ライブでやっと完成するとこあるから」「藤井」「その時参加していただいたみなさんの声が入って、やっと完成する楽曲でもあるし」「神山」と熱唱して、一緒に歌ってほしいと「2人」は「リクエスト」していたのでした。




また、今回は通常盤に「中間淳太」と「ユニット」を組んだ楽曲「ONI-CHAN」を収録している「藤井流星」ですが、これは「中間淳太」が「「家族構成の」長男コンビで曲やろうぜ!」と言ったことから誕生したといいます。「ユニット曲」でしばらくかっこいい系の楽曲が続いていた「藤井流星」は、少しおふざけ「モード」の匂いがするこの提案に、すぐ「いいよ!」と返事をしたようです。

最初は「2人」が「“良いお兄ちゃん”」という設定で「中間淳太」が歌詞を書いてきたようですが、「藤井流星」は面白くするために「“バトルバージョン”」も作ってほしいと要求したようです。そして「“お兄ちゃん対決”」という「テーマ」の元、「レコード会社」の人を含めた「3人」でご飯を食べたりお酒を飲みながら楽しく歌詞を作ったといいます。

その結果、出来上がったのが「俺ら2人は頑張る!」「とまらない灼熱ジェットコースター」「永遠「とわ」のサバイバルゲーム」など、まるで中二病のような歌詞だったようです。自分でも「ダサい歌詞」と言っていた「藤井流星」ですが、実際は「ライブ」で披露する「ダンス」の振り付けの方が「ダサ」いようです。




「藤井流星」が明かすところによると「戦「いくさ」!戦!戦やからほんまに!」とのことで、「ファン」が「じゅん兄ちゃん」「りゅう兄ちゃん」と声を出す「パート」もあるといいます。「それによって俺らの対決がより盛り上がる。より最高の戦になる」と言い、「すごいアイドル兄ちゃんと思ってくれたらいい」ようです。「全部歌ってくれてもいいけど「笑」」と言う一方で、「「“「じゅん兄ちゃん」側やから「りゅう兄ちゃん」言わへん”」は悲しいですよ」と、片方だけ「コール」するのはやめてほしいともお願いしていました。

これを受けて「ネット」上でも「ちゃんと言うよ!」「楽しみ!」との声が多く寄せられていましたが、果たしてどんな「ライブ」に仕上がるのでしょうか。「ファン」との「コール&レスポンス」が多い「ライブ」になるということですが、「メンバー」の要望通り、「ファン」はぜひ一緒に歌って思いっきり楽しんできてほしいものですね。

「ダサイ」歌詞だろうが「ファン」には全く関係ないことですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。