ジャニーズ★ネット写真解禁★媒体締め出し異常事態★伝わってくる混乱

こんにちは。
今日は「ジャニーズ★ネット写真解禁★媒体締め出し異常事態★伝わってくる混乱」の事をお伝えしたいと思います。

ジャニーズ事務所」が長年禁止していた「WEB」での「所属タレント」の写真掲載が、「1月31日」の「関ジャ二∞・錦戸亮さん」が登壇した会見から突如解禁になりました。芸能記者たちがこぞって色めき立つなど、日本の芸能史が変わった「1日」となりました。

ですが、その舞台裏では写真が解禁になったことにより、取材から「“締め出し”」を食った媒体が続出していたのだといいます。




今回、「ネット写真解禁」となった現場は、「錦戸亮さん」の主演映画「羊の木」の会見でした。ですが、この会見に呼ばれたのは「大手マスコミ」ばかりでした。これまで同作の「イベント」に、「錦戸亮さん」の写真が使えなくても「コツコツ」と足を運んだりして告知してきた小さい媒体には、会見があることすら知らされなかったようです。その上、あとで映画の宣伝担当者に抗議したところ、詳しい事情説明もなく「媒体を絞った」の「一点張り」だったようです。この対応に肩を落とし「“泣き寝入り”」する媒体関係者が続出といった状況のようです。

とはいえ、今回の解禁にあたっては、「ジャニーズ側」がかなり敏感になっているといいます。

羊の木」に関しては、「ジャニーズ側」も慎重に対応しており、「2月3日」の初日舞台挨拶も同じような方針になったそうです。「“解禁”」といいながら、「錦戸亮さん」がいるために取材ができない媒体もあり、作品の宣伝よりも「“ジャニーズルール”」が先行した形になってしまったようです。




一方、「ジャニーズ事務所」を退社した「SMAP」の「香取慎吾さん」などは、退社後初となる「イベント」でそれまで「NG」だった媒体の取材も受けるなど、対照的な対応をみせています。とはいえ、これだけ厳しい体制になっているのは「羊の木」だけともいわれています。

羊の木」以外で、別の「ジャニタレ」が出演する「イベント」の取材案内などが「メディア向け」にまかれていますが、そちらは「WEB写真」が解禁される以前と特に変わらず、これまで通りの対応といったようです。

今後、とりあえずは「ジャニタレ」の写真を「WEB上」で見る機会も増えそうですが、「ジャニーズ」の舵取りが安定するまでは時間がかかでしょうね。

一部の「媒体関係者」には困った「ジャニーズルール」でしたけど未来の事を考えれば大きな「芸能史」の動きになったことは間違いないでしょうね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。