大倉忠義★本心吐露★ジャニーズ飲酒事情&パワハラに変化

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「大倉忠義★本心吐露★ジャニーズ飲酒事情&パワハラに変化」の事をお伝えしたいと思います。

「2018年」は、飲酒をめぐる「スキャンダル」が多く取り沙汰された「ジャニーズ事務所」でした。「TOKIO」の「元メンバー・山口達也」が引き起こした未成年者への強制わいせつ事件をはじめ、「NEWS・小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也」は未成年女性との飲酒問題で世間を騒がせました。こうして「ベテラン・中堅ジャニーズ」の飲酒事情が明るみに出る中、「ジャニーズJr.」の「“宴事情”」にも変化が訪れているようです。

「関西ジャニーズJr.」との仕事が増加している「関ジャニ∞・横山裕」と「大倉忠義」です。「2人」は、秋に開催した「関西ジャニーズJr. LIVE 2018 Fall in LOVE~秋に関ジュに恋しちゃいなよ~」「梅田芸術劇場」公演に続いて、「11月30日~12月25日」開催の「関西ジャニーズJr. X’mas Party!! 2018」「大阪松竹座」の演出や構成に参加と、後輩育成に尽力中です。そんな中、成人を迎えた「ジャニーズJr.」と酒を酌み交わす機会もあるようで、「大倉忠義」が「シンガーソングライター・高橋優」と「パーソナリティ」を務めている「ラジオ」「オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん」「ニッポン放送」の番組内で言及しました。

大阪での楽しみは食事しかないと「ボヤ」く「大倉忠義」は、最近も連日酒を飲んでいるようです。「高橋優」が「お仕事終わった後で、そういうJr.で20歳を超えられてる方々で、「「飲みに」行こうか!」みたいな感じにもなるの?」と質問すると、「なります!なんか、話したい人とか、話さなきゃいけないことがあったりとかっていうことがある時は行きます」と返答しました。「今の20歳ぐらいの人たちってさ、あんまりビール飲まないよね」「お酒飲まないよね」と「高橋優」が返すと、「「お酒離れ」してるって言いますよね」と同調しつつ、




「そこで寂しいから、「おい、お前飲んでくれよ」って言ってもさ、それはダメでしょ?だからもう、「自分は」ただただ1人で酔っ払ってる」
「恥ずかしさをさらけだしてるだけで。醜態をさらけだしてるだけ」

と、「大倉忠義」。同行する「Jr.」の酒量は「僕が10杯飲んでるところ、1~2杯とかぐらい」「1~2杯飲んだら、もうなんかソフトドリンクとか」とのことで、「まぁでも「公演の」本番もありますからね。まぁでも本番ない時でもそうなんで、あんまり変わらないのかなと思いながら」と「コメント」しました。

いわゆる「飲みニケーション」世代の「高橋優」が、自身と「大倉忠義」は酒を勧める行為を「パワハラ」とする以前の時代に生きてきたと話すと、「まぁそうなのよね。だからパワハラと思わないから、いいんですけどね」と、自分が酒を勧められるのは気にしないと「大倉忠義」。ですが、自身が酒の苦手な子に勧めるのは「最悪」「パワハラ」と思われかねないと懸念も見せました。

酒席だけでなく、後輩を指導する立場としても思うところがあるようで、怒ることは「パワハラとかじゃなく、健全な関係だと思う」とした上で、




「最初は優しく言うし、遠回しに言うというか。これで気づいてくれたらいいなっていう言い方するけど、やっぱりそれでもわからない子は、キツイ言い方するし。で、それで「パワハラ」って言われて、まぁなんか、俺が仕事がなくなるとかっていうことなんだったら、俺、それはそれでいい」

と、熱弁しました。自身の仕事を失う「リスク」も見据えた上で接していると告白し、その覚悟の裏には、「怒ってくれた人に対して、「“ありがとう”」って、今思えるから」だそうです。怒るのは「しんどい」行為ゆえ、「怒りたくもない子にはもう怒らへんから。そのパワー使いたくないから」と語ったのでした。

後輩との酒席の付き合い「エピソード」から、育成論や「パワハラ」の捉え方まで打ち明けた「大倉忠義」です。若手と同じ時間を共有することで気づくこともあるようです。これからも互いに成長を遂げてほしいものですね。

酒席を過ごすことにより親近感が沸き「大倉忠義」からの「アドバイス」や注意などをありがたく思う後輩が増えてくれることを祈りたいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました