岸優太★ZIP!企画★たまたま見つけた特技★永瀬廉&スタッフ驚き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岸優太★ZIP!企画★たまたま見つけた特技★永瀬廉&スタッフ驚き」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「King&Prince」の「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」です。「12月10日」から「14日」は、先週に引き続き「岸優太」と「永瀬廉」が和太鼓の「スペシャリスト集団」「“DRUM TAO”」に弟子入りしました。

先週は「筋トレ」や「バチ」の持ち方を習得し、今週からは本格的に太鼓の練習へ。「ジャニーズ」で培った「リズム感」を武器に覚えていく「2人」でしたが「パッパーン パパッパパッパパ」と「リズム」を刻んで覚える「永瀬廉」に対し、「岸優太」は「ダンッにしおか」となぜかひらがなで「リズム」を覚えているようです。この覚え方には「永瀬廉」も「にしおか? すみこ?」と懐かしい芸人の名前を挙げ疑問を持っていましたが、「岸優太」は「完璧!」と満足気です。




ですが、左右の太鼓を交互に打つ「“交差打ち”」では「先生、「手が」届かないッスけど!」「岸」と早速「大ピンチ」になります。膝を使って体重移動をすることで隣の太鼓を打つのが「ポイント」らしく、「永瀬廉」いわく「腕が基本的に短い」「岸優太」でも大丈夫ということになりました。

ただ、それ以前に師匠たちの高速早打ちに「2人」はついていけず、早くも「2人」の体力は限界寸前でした。「岸優太」にいたっては「俺できない」とすっかり自信を失っているようです。すると、「永瀬廉」が「太鼓の距離近づける?」と打診します。ちょっと「ズルい」気もしますが、師匠の許しもあり太鼓の距離を近づけてから再度挑戦すると、なんとか最後までできた「2人」でした。

「この短時間でここまでマスターするのはすごい!」と師匠からもお褒めの言葉をもらい、やる気を復活させた「2人」は、最大の難所である大太鼓を叩きながらの大開脚に挑戦することになったのですが、元々開脚ができない「2人」にとっては至難の業です。

すると、再び「岸優太」が秘策を見つけたようです。実は「岸優太」、横での開脚はできなくても縦ならかなり脚を開くことができるようで、「永瀬廉」も「優太そんな軟らかいんや!」とびっくりします。ただ「岸優太」も「たまたま見つけたね」とのことで、これには「スタッフ」も大爆笑しているようでした。




そしていよいよ「パフォーマンス本番」へ。休憩する間も惜しんで練習していた「2人」でしたが、やはり師匠たちの「スピード」にはついていけず「岸優太」は大失敗します。一方の「永瀬廉」も「カウントミス」でうまくできず、再挑戦させてもらうことになりました。

その後は、高速交差打ちも大開脚も見事に大成功させた「2人」です。わずか「5時間」の練習時間という中で「この内容をやった人は今までいないです」と師匠も驚きの成長だったようです。「岸優太」や「永瀬廉」にとっても、「僕たちが今後ショーをやっていく、ショービジネスで生きていく中で、今日はほんと大事なことを教えてもらいました」と、身になる弟子入りとなったようでした。

「ファン」からも「さすがの完成度 さすがジャニーズ!」「ほんとかっこよかった!永久保存します!」「最高だった!」との声が上がっていました。いつかぜひ、この弟子入りで習得した内容を「グループ」の「コンサート」などでも披露してほしいものですね。

誰にでも自分では気づかない特異体質を持っているんですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。