岡田准一★来る★3位スタート★妻夫木主演って感じ&駄作の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「岡田准一★来る★3位スタート★妻夫木主演って感じ&駄作の声」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・岡田准一」が主演を務め、「12月7日」に公開となった「ホラー映画」「来る」です。「同8日~9日」の「国内映画ランキング」「全国週末興行成績/興行通信社提供」では、話題作に負けて「3位スタート」となりました。映画を見た「ネットユーザー」からは、「駄作」「無駄に長いし怖くない。つまらなかった」という声や「終盤に進むにつれてスゴい引き込まれた」といった意見もあり、賛否両論が出ています。

同作は「澤村伊智氏」による「ホラー小説」「ぼぎわんが、来る」「角川ホラー文庫」の実写版で、「岡田准一」以外にも「妻夫木聡、松たか子、小松菜奈、黒木華」といった「実力派キャスト」が集結しています。「岡田准一」演じる「オカルトライター」の「野崎和浩」が、「田原秀樹」「妻夫木」の依頼を受けて超常現象の調査に乗り出し、田原家にとり憑いている「何か」の正体に迫る過程を描いた物語です。「告白」や「渇き。」で知られる「中島哲也監督」が「メガホン」をとり、「岡田准一」は宣伝のためにと「バラエティ」「ウチのガヤがすみません!」「日本テレビ系、4日放送」に登場したほか、「妻夫木聡」とも「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系、6日放送」に「ゲスト出演」するなど、映画の封切りに合わせて「PR」に勤しんでいました。




「全国331スクリーン」で公開されましたが、ふたを開けみれば首位を逃して「3位」という結果に。すでに好評を博している「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」「ボヘミアン・ラプソディ」に敗北を喫し、土日「8日~9日」「2日間」で「動員10万1,000人」、「興収1億3700万円」を記録しました。「公開3日間」の「データ」は「動員13万5,000人」、「興収1億8000万円」だといい、「映画情報サイト」「映画.com」では、「まずは興収10億円超えが当面の目標となりそうな出足」と伝えています。

「岡田准一主演映画」でいうと、前作の「散り椿」「今年9月公開」を上回る「スタート」です。こちらは時代劇で、初週土日に「動員9万2,000人」、「興収1億800万円」をあげ、初登場「3位」に「ランクイン」していました。前作超えを果たした一方、「ジャニーズタレント」の「ホラー映画」でいうと、「昨年6月」には「滝沢秀明」が「こどもつかい」で映画初主演を務め、「Hey!Say!JUMP・有岡大貴」と共演しています。こちらは「250館」で上映され、初週土日動員は「12万人」、「興収1億5000万円」でした。公になっている「来る」の場合は土日の動員が「10万人」、初日を含めた「3日間」の記録で「13万人」ですから、どちらかと言えば「キャスト」の「ネームバリュー」が弱い「こどもつかい」の方が、滑り出しは好調だったといえます。

「大ヒット」とはいえない状況の「来る」ですが、映画を鑑賞した「原作ファン」からは「原作とは違ったけど、これはこれで面白かった」という評価もあれば、「まれに見る原作クラッシャーの駄作」「ひどい駄作。原作には下品で安っぽい恐怖はなかった」と酷評も少なくないようです。このほか、「レビューサイト」や「Twitter」上でも、「ホラーとして見ると駄作。でも、雰囲気に乗れたら面白い。私は面白かった」「エンタメ映画としては面白かった」などと、さまざまな感想が上がっています。




映画の前半は「妻夫木聡」の「登場シーン」が多く、主演のはずの「岡田准一」は「40分」近くたつ頃にようやく姿を現したようです。そのため、「途中まで岡田主演とは思えなかった」「妻夫木くんが主演っていってもいいほど出番が多かった」「岡田があんまり主演っぽくない。前半はほぼ妻夫木メインだった」との声も聞かれました。また、「霊媒師・逢坂セツ子」を演じた「柴田理恵」については、「最高にクールな柴田理恵が登場するので、「来る」はそれだけでも一見の価値あり」「「来る」の柴田理恵、クソかっこいい」と絶賛が続出しました。ほかの「キャラクター」が目立っている分、「岡田准一」の演技を褒める「コメント」は少ないようです。

とはいえ、映画界で引っ張りだこの「岡田准一」は、「2019年」も主演作「ザ・ファブル」が控えています。同作では人々の印象に強く残る演技を見せてほしいものですね。

出す曲も全てが「ヒット」に繋がる訳でもなく、当然映画も同じように全て「ヒット」に繋がるとは限りませんよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。