関ジャニ∞★A.B.C-Zアクロバット裏話★健気やで~&えぇやつ★塚田遼一称賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★A.B.C-Zアクロバット裏話★健気やで~&えぇやつ★塚田遼一称賛」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「12月16日」の放送回には、「ダンサー」として「マドンナ」の「バックダンサー」を務めたこともあり、「欅坂46」の「シングル」すべての振り付けや演出を手掛ける「TAKAHIRO」「上野隆博」と、「三浦大知」の「バックダンサー」も務めている「パフォーマンスチーム・s**t kingz」「シットキングス」を「ゲスト」に迎え「フォーメーションダンス」特集が行われました。

実際に踊りながら「フォーメーションダンス」の解説をしていくという贅沢な内容になっていましたが、細かい動きや「ダンス力」の高さに圧倒されっぱなしの「関ジャニ∞メンバー」でした。そして、今回は「関ジャニ∞」の後輩である「A.B.C-Z」の楽曲「Rock with U」の振付けを「TAKAHIRO」が担当したということで、「MV」とともに「アクロバット」をいかす「フォーメーション」も解説されました。




「A.B.C-Z」と言えば、「アクロバット」が武器の「グループ」ですが、これまでの「パフォーマンス」の中ですでに手数を出し切っているため、新しい動きとなると制限されてくるのだといいます。そのため「今ある動きをいかに新しく見せられるか?」という部分が「ポイント」となるというのですが、そこで取り入れたのが複雑に組み合った「フォーメーション」でした。

「飛び込み前転を生かすフォーメーション」では、飛び込み前転をする「塚田僚一」の前に、ほかの「4人」が不思議な隊形を組んでいますが、実は「塚田僚一」が飛び越えられる「ギリギリ」の高さになっているようです。さらには、一番上の「橋本良亮」は仰向けの状態であるため、「塚田僚一」が失敗すれば「橋本良亮」まで巻き添えになります。ですが、この緊迫感こそが「成功するのかドキドキ感」を生むのだといいます。

さらに「やっていない技をやっているように見せるフォーメーション」というものもあるようです。画面ではしゃがむ「河合郁人」と「戸塚祥太」の体に隠れて見えませんが、その後ろで側転する「橋本良亮」を「塚田僚一」が足でけり上げて「サポート」することで、前面からは手をつかない「“側宙”」に見えるという裏技が隠れていることも明かされていました。

この「シーン」では、むしろ足で「橋本良亮」を支えられる「塚田僚一」に「塚ちゃんすごいなぁ」「安田章大」「ようあんなんできるなぁ」「大倉忠義」と称賛の声が集まっていましたが、「村上信五」も「これはもうA.B.C-Zの良いところを引き出してもらってありがとうございます」「身体能力はほんとに高いですからね!」と「TAKAHIRO」に感謝しました。




一方で、「塚ちゃん自体は絶対「“側宙”」できるはずやろ。それを「やらずに橋本を」支えてあげて手伝ってあげてんやろ?」となぜか「錦戸亮」は少し悲しげです。それに「村上信五」が「健気やで~」と返すと「えぇやつやなぁ」「いいグループやなぁ」と再びみんなで「A.B.C-Z」を褒めていた「関ジャニ∞」でした。

ただ「亮ちゃん仰向けになって「上を飛び越える」丸「山隆平」を受けられる?」と「古田新太」に聞かれた「錦戸亮」は「絶対嫌だ!」と即答します。これには「丸山隆平」も「失敗する確率が高いからね「笑」」と答え、笑いを誘っていたのでした。

なかなか共演の機会がない「関ジャニ∞」と「A.B.C-Z」ですが「えびちゃんたちみんなが努力して勝ち取った武器が、認められて褒められてテレビでも流してもらえて、本当に本当にうれしかった」「村上くんの言葉に感涙」「地上波で彼らのパフォーマンスが注目されるのが本当にうれしい」と「A.B.C-Zファン」は感激していたようでした。

共演を心待ちにしていた「両ファン」は贅沢な時間を過ごせたでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。