相葉雅紀★リスナーに生電話★羨ましいを通り越した★ファン感激

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★リスナーに生電話★羨ましいを通り越した★ファン感激」の事をお伝えしたいと思います。

「12月14日」深夜に放送された「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」は、「スペシャルウィーク」ということで「ファン」の「リスナー」に「相葉雅紀」が直接電話する「電話で教えて相葉ちゃん」が行われました。

最初は「これリアルガチなんでどうなるかわかりません。正直、出てくれるかもわからないし、非通知「の着信拒否」設定されてたら繋がらないだろうし。ドキドキですね」と不安そうにしていた「相葉雅紀」です。「最悪誰も繋がらなかったら、僕、風間くんに電話するんで「風間く~ん、誰も出てくれないよ~」って。それも出てくれなかったら、ちょっと今日俺ショックで立ち直れなくなっちゃう。そしたらもううちの親とかかける。出演してもらおう!うちのお母ちゃんに」と語っていましたが、結果的に電話した「リスナー全員」が「相葉雅紀」の電話に出てくれていました。




「家族にどうやって感謝の気持ちを伝えたらいいのか?」「卒論がなかなか進まない。自分に厳しくなれる方法を教えてほしい」「優柔不断でまかないのメニューが選べない」「就活中だけどやりたいことが見つからない」という「リスナー」の悩み「一つ」ひとつに、親身になって答えていっていた「相葉雅紀」でした。

優しく話を聞くだけではなく、真剣に悩みについて考え「習慣化できない」という「リスナー」には「最初はめちゃくちゃつらいのよ。最初の3日、4日とか1週間はめちゃつらいのね、気持ち的に。でもそれをやっていくことでメンタルが強くなるというか。根拠のない自信が湧いてきて、たった腕立て10回でも毎日やることによって「私はコツコツできるんだ!」って思えるし。毎日できることを何か作ると、精神的に俺はそれで強くなった気がしたんだよね」と自分の体験を含めて「アドバイス」しました。

急にかかってきた「相葉雅紀」からの電話に、驚きと戸惑いを見せていた「リスナー」ですが、話しているうちに涙声になる人もいました。これには「アシスタント」も「なんか、俺が泣きそうだよ」としみじみ。




また、将来の悩みについては、就職するだけでなく、もう一度専門学校に通ったり、旅をしてやりたいことを探す方法もあると提案しつつ、「みんながみんな、やりたいことをやって生活してるわけじゃないと思うのね。ちょっとでも興味があることが仕事になってる人は、すごい幸せだと思うし。でもそういう人ばかりではない」と諭す場面もありました。そして、生活のために就職するというのも「1つ」の「“熱量”」になると前置きしたうえで「熱量がまったく何もないとなると、ちょっと嫌なことがあると100倍嫌に感じちゃったりすると思うから」と「コメント」し、友達や家族とゆっくり相談して決めた方がいいと「アドバイス」を送っていたのでした。

「相葉雅紀」との生電話ということについては「羨ましい」との声も上がっていましたが、「私が相談してるわけじゃないのに、そのアドバイスが全部心に響いたよ」「すごく素敵な企画だったな 相葉ちゃんと話せて羨ましいとか、そんなことを通り越してもうほっこりしたよ」「ちょっと心に染み渡りすぎるんだけど 深い、深すぎる」と感銘を受けたという声も多数上がっていたのでした。

「相葉雅紀」らしい優しさの中にも厳しさを伝えることで現実逃避できないように的確な「アドバイス」ができるところに大人の男を感じさせますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。