三宅健★藤ヶ谷大輔の楽屋態度★なにこいつ気取っちゃってと苦言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★藤ヶ谷大輔の楽屋態度★なにこいつ気取っちゃってと苦言」の事をお伝えしたいと思います。

「V6」の「三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「12月17日」深夜の放送回は、「坂本昌行主演」の「ミュージカル」「トップ・ハット」の楽屋裏での出来事について語りました。

番組収録日が「12月6日」ということで、「今の日付で言うと、坂本くんが昨日ミュージカルが終わったらしいですよ。「トップ・ハット」良かったよ。僕がね、今まで見た坂本くんのミュージカルの中で3本の指に入るぐらい良かったね。好きだった。良かった良かった」と称賛し、「多部「未華子」ちゃんが良かったね。顔が小さい、ほんとに。頭身バランスがすごいもん。踊りとかダンスやったことない人には見えなかったけどね。素敵でしたよ」と、共演者の「多部未華子」のことも褒めていたのでした。




「三宅建」が観劇した日は、「メンバー」の「井ノ原快彦」と歌手の「森山直太朗」、詩人で作詞家の「御徒町凪」も来ていたということで「4人」で見たそうですが、楽屋には「Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔」もいたといいます。

「キスマイの藤ヶ谷もいて、なんか楽屋で澄ました顔して文庫本みたいなのを読んで。文学少年みたいな、気取ってましたけど。で、俺は心の中で「“なにこいつ、文学少年を気取ってんだ”」って思ってたんですよ。そしたら井ノ原くんが、「なにお前、読書男子みたいな感じで文学少年ぶっちゃってんの?会話しようぜー、俺たちと」とか言って」

と、「井ノ原快彦」も「三宅建」と同じことを思っていたと語り、「先輩が前にいるのにしゃべろうともしないで、なに本と向き合っちゃってんのって。目の前の俺たちと向き合わないでいつ向き合うんですか?みたいなさ。今でしょ!」と後輩である「藤ヶ谷大輔」の態度に「ラジオ」で苦言を呈しました。

すると、「三宅建」の横にいる「マネジャー」は「緊張してるんですよー。2人とも大先輩ですもん」と話し、「いやいやいや、俺だったらしゃべるもん。先輩と。「最近、どうですか?元気してますか?」って」と先輩と話すことも大切だと、暗に語る「三宅建」でした。




さらに、「ミュージカル」の一幕が終わり楽屋でみんなで内容について語っている時の様子にも不満があるようで、「一番左端の窓際のところに藤ヶ谷いて、全然会話に参加してこないの」とのこと。「マネジャー」や「番組スタッフ」は「できないでしょ!」と、先輩たちの会話に入ることはできないと主張するも、「三宅建」は「のってきてほしかったよ、こっちは。「そうですよねー」とか言ってさ」と先輩心を覗かせたのでした。

ですが最後には、「藤ヶ谷はちゃんと差し入れ持って来てんのに、俺たち誰も持たないで身ひとつで来ちゃって。後輩がちゃんとしてんのにさ。何も持って来てないっていうね」と、自身を反省しました。

この放送により、「17日」深夜の「Yahoo!トレンドランキング1位」に「健ラヂ」が登場しました。「ネット」上では、「先輩の会話を邪魔しない控えめな藤ヶ谷くんの好感度UP」「健くんが藤ヶ谷くんの話してくれるなんてうれしい限りです。彼は人見知りなはずです」「藤ヶ谷くんあの2人がいたら圧倒されちゃうだろうよ」などの声が集まっていました。

「藤ヶ谷大輔」の人見知りは「ファン」も公認済みですよね。大先輩の前ではなかなか会話に入る「タイミング」が分からないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。