二宮和也★一緒にいられると思ってた★意味深お別れ報告★ファン動揺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★一緒にいられると思ってた★意味深お別れ報告★ファン動揺」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が、「12月15日」に名古屋で行った「コンサート」「ARASHI Anniversary Tour 5×20」内で「ショッキング」な近況を報告し、「ファン」に動揺を与えています。「ファン」の間でもお馴染みで、長年連れ添った「“アレ”」とお別れしてしまったというのですが。

来年、「CDデビュー20周年」を迎える「嵐」は、「11月16日」より「アニバーサリーツアー」が「スタート」しています。「札幌、福岡、東京」をまわり、「12月14~16日」にかけて「ナゴヤドーム」で公演を開催しました。「15日」の「MC」では、「二宮和也」が自身の顔面に生じた「“異変”」について語り始めたそうです。




この日、「二宮和也」が「シャワー」を浴びていたところ、なぜか「アゴ」から血が流れていたそうで、「ここのホクロが取れたんですよ」と告白しました。「二宮和也」は「ホクロ」を「探した」ものの、排水口に流れていったようです。会場がどよめく中、「カメラ」に向かって取れたとされる「ホクロ」の部分を見せた際には、「相葉雅紀」が「血豆みたいになってる」と感想を述べたといいます。また、「ファン」の「レポート」によれば、「二宮和也」は「コンサート終盤」の挨拶で、「ちっちゃい頃から一緒にいて」「一緒にいられると思ってた」などと、しんみりした雰囲気で「トーク」したようです。「メンバー」の話だと思って真剣に耳を傾けた「ファン」が多かったものの、「あ、ホクロです」とつぶやき、笑いを誘う場面もあったようです。「二宮和也」の「アゴ」には目立つ「ホクロ」がありますが、消滅したとみられるのはそれではなく、唇の真下にあった「ホクロ」のようです。

本当の話か、それとも「二宮和也」なりの「オーバー」な表現なのかは不明ながら、今後雑誌などで「ホクロ」がなくなっていた場合は「修整だと思わないでください」と、呼びかけていたといいます。事態を知った「ファン」からは「ホクロって、そんな簡単に取れるもの!?」「ホクロの表面みたいなのが消えただけで、ホクロ自体は取れてないと思う」「ホクロ紛失事件、面白すぎ「笑」」「ニノのホクロ、今までありがとう」などと、さまざまな反応が出ています。

その「二宮和也」は、名古屋で「3日間」の公演を終え、「17日」に都内で行われた「平成31年用年賀状 引受セレモニー」に出席しています。その内容を報じる記事が「アップ」されると、「ファン」は「二宮和也」の「アゴ」に注目し、「かさぶたになってるね」「赤くなってる?」と痕跡を確認する声や、「ホクロ、残ってるように見える」「ホクロ生きてるじゃん!」と変わらずあるとする人もいたようです。




「二宮和也」の「アップ」の写真を見る限り、「アゴ下」の「ホクロ」は「ハッキリ」と存在し、唇の下にも「ホクロ」らしき赤茶色の点が確認できます。これを痕とみるか否かは、それぞれが持つ「ホクロ」の「イメージ」で変わってくるでしょう。

写真だけでは完全に消えたと判断できず、「ホクロ」の有無は不明瞭のままです。果たして真相はいかがなものでしょうか。

「二宮和也」の突然の「驚きトーク」に「ファン」の心中は穏やかではなかったでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。