松岡昌宏★ボコボコにされると戦慄★ジャニーズ後輩の奇襲に怯えたワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★ボコボコにされると戦慄★ジャニーズ後輩の奇襲に怯えたワケ」の事をお伝えしたいと思います。

大の酒好きで、世間的には「“ヤンチャ”」な「イメージ」が広まっている「TOKIO」の「松岡昌宏」です。「嵐・相葉雅紀」や、「生田斗真」をはじめ、「ジャニーズWEST・神山智洋、A.B.C-Z・河合郁人」など、「ジャニーズ」内だけでも多くの後輩に慕われていますが、先日はある若手との対面で怖気づいてしまったといいます。

いかつい風貌とは対照的に、優しさと男気あふれる性格が支持されている「松岡昌宏」です。一方で乱暴な言葉遣いが話題にのぼる機会も多く、過去には「Jr.時代」から仲の良い「V6・井ノ原快彦」と「ファミリーレストラン」へ行った際、些細な出来事がきっかけで「ケンカ」した「エピソード」もあったようです。「2010年」の「ラジオ」「TOKIO NIGHT CLUB」「ニッポン放送」で、「井ノ原快彦」や「松岡昌宏」自身が語ったところによれば、胃の調子が悪いという「井ノ原快彦」が「ステーキ」に「コショウ」をかけたことに怒りを覚え、「胃が悪いのに、なんでコショウをかけるんだよ!」「お前、胃が悪いんじゃねえのかよ?だったらビール飲めんだろ?」「松岡」と、「井ノ原快彦」に突っかかったようです。




そんな血気盛んな「松岡昌宏」も、いつしか後輩の面倒を見る立場になりました。「ラジオ番組」「TOKIO WALKER」「NACK5、11月18日と25日放送」に、最近になって距離を縮めている「A.B.C-Z・河合郁人」を呼び、仲睦まじい「トーク」を繰り広げたのでした。この「2回」は特に反響が大きかったのか、「12月16日」の同番組で、「松岡昌宏」は「こないだウチの河合が来たことによってね、えれぇ「えらい」なんかね、お便り来てるんですよ」と、やや不満げに吐露しました。その後は「今後のゲスト」として、「“王子様キャラ”」で知られる「ジャニーズJr.」内「ユニット・Snow Man」の「宮舘涼太」を希望する「メッセージ」を読み上げました。「リスナー」いわく、甘い言葉をささやく様子や「ハニカミ笑顔」が「「城島」茂くんみたいな子」とのことですが、これに「松岡昌宏」は、

「茂って、ウチのシゲちゃん?全然アイツ、王子様でもなんでもねーよ!そんなの、何言ってんだよ。ウチのシゲちゃん、もうなんか「“仙人”」みたいになってる」

と、収録現場にいない「城島茂イジり」を展開しました。「リスナー」は「宮舘涼太」について「松岡くんと相性が良いと思います」と、「料理上手」「時代劇好き」といった共通点を挙げていましたが、

「イヤです「笑」!イヤです。なんでそんな、あのね。ちょっとウチの小僧呼んだからってね、「“コイツも呼べ、コイツも呼べ”」とかっていうのは違うよ、みんな!全体的に「笑」。呼ばないよ。前も言ったけど、河合が紹介した子を今度呼ぶから」




と、欲を出す「リスナー」に苦言。次は「笑っていいとも!」「フジテレビ系」の「名物コーナー」「テレフォンショッキング」形式で、「河合郁人」がつないだ人物を番組に招くと説明し、「だから、俺が知らない子、いっぱい出て来ると思うんだけど。それでいい」と構想を明かしました。すると、「Jr.」にまつわる体験を思い出したようで、

「今もなんか、スタジオの横に、何てグループ?「Jr.の」Travis Japanが、なんか収録してまして。ウワァァァ~って走ってきたから、ボコボコにされんじゃねーかと思って「笑」。なんだコイツら!?と思ったら「Travis Japanです!」って。「あぁ」みたいな「笑」」

と、若手「Jr.」が挨拶に押し寄せたことを振り返ったのでした。その「Travis Japan」といえば、「ダンス力」に定評のある実力派の「7人組ユニット」です。もし全員総出で来たのであれば、それなりの迫力があったと思われますが、おそらく彼らは大先輩の姿を見つけ、慌てて駆け寄っただけなのでしょう。むしろ今回の巡り会いを機に、「いいとも!」式ではなく「Travis Japan」を「ラジオ」に呼び、「クロストーク」してほしいものですね。

若かりし頃の「松岡昌宏」の「ギラギラ感」を知っている「ファン」にしてみれば年齢を重ねてからの後輩への思いやりのある対応に驚くしかないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。