小山慶一郎★また美化してお涙頂戴の声★ドキュメンタリー予告が波紋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★また美化してお涙頂戴の声★ドキュメンタリー予告が波紋」の事をお伝えしたいと思います。

未成年女性との飲酒問題で、「6月」に「約2週間」の活動自粛処分を受けた「NEWS・小山慶一郎」です。来年「1月放送」の「ドキュメンタリー番組」の予告映像を見た「ファン」から、「小山慶一郎」について「今からでも遅くない。NEWS辞めて」「よくもあんな恥ずかしい不祥事を美談にできるね」と、辛らつな声が相次いでいます。

来年「1月11日」から「4週」にわたって「オンエアー」される「ドキュメンタリー番組」「RIDE ON TIME~時が奏でるリアルストーリー~」「フジテレビ系」です。同番組は「10月」に「スタート」し、「第1弾」は「5月デビュー」の「King&Prince」、次は「Hey!Say!JUMP」の「コンサート」を支える「若手スタッフ」を取り上げ、「11月30日~12月21日」は「KAT-TUN」の特集が組まれていました。「新シリーズ」の主役は今年結成「15周年」を迎えた「NEWS」で、「テーマ」は「NEWS 結成15周年の覚悟「生きろ」」です。「12月21日」放送回の「エンディング」では予告が流れ、「小山慶一郎」の口から衝撃の言葉が飛び出したといいます。




同番組は、「18年12月~19年1月」に行われる「コンサート」「NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA -ENCORE-」の「コンサート制作」に臨む「メンバー」の様子に密着しているそうです。予告では、「8月開催」の「15周年記念ライブ」「NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 “Strawberry”」の映像も交えつつ、個々の仕事現場の姿をとらえていました。そんな中、「結成から15年を迎えた彼らに訪れた試練」という「ナレーション」が入り、「小山慶一郎」は「「“俺、アイドルでいていいのかな?”」っていうふうに、スゴいその時に悩んで」「「“やめなきゃいけない”」と思いました」と、独白。「NEWS」はこれまでにも「メンバー」の脱退、活動休止を経験していますが、画面には「活動自粛」の文字が表示されており、「小山慶一郎」が今年の騒動について振り返った場面だと思われます。

ほかには、「手越祐也」が「誰一人が欠けてもダメだし、4人がカチッと一つになって立ち向かっていかないと、乗り切れない壁だな」と語る一幕もありました。「グループ」の抱える問題に踏み込んだ内容とみられ、純粋な「ファン」は「予告泣ける。慶ちゃん、NEWSでいてくれてありがとう」などと、「小山慶一郎」の発言に感激しました。ですが、「“小山アンチ”」と化した人々は「同情を引くために「やめなきゃいけないと思った」と言ってるのバレてる」「やめなきゃいけないと思ったなら、辞めていいよ。今からでも遅くない」「「やめなきゃいけない」って思うようなことをした時点で、アイドルとして終わってる」と大荒れしています。

「フジテレビ」では、先日も「NEWS」の特番「一曲NEW魂!!!!」が「12月20日」深夜に放送されたばかりです。同番組の企画にて、「メンバー」は過酷な登山に「チャレンジ」し、登頂後は「シングル曲」「生きろ」「今年9月発売」を歌い、大団円で幕を閉じました。この番組では、「増田貴久」が「3人」に比べて山登りに苦労する姿が何度も描かれ、「この後増田が、3人の「“足手まとい”」になろうとは」といった「ナレーション」も。そして、そんな「増田貴久」を気にかける「メンバー」として、「小山慶一郎」の姿が映し出されていました。遅れをとる「増田貴久」を「フォロー」する「“メンバー思い”」な一面が強調されたことで、「ファン」からは「増田サゲ、小山アゲの構図なのはどういうこと?」と、大不評のようでした。




こうした経緯もあり、「ファン」は「また小山を美化して、お涙頂戴の編集になってそうで、予告だけでもう嫌だ!」「小山の好感度を上げるための番組ならホントに嫌。企画と編集がおかしすぎる」と、「フジ」の番組構成を不安視している状況です。本放送は「1月11日」ですが、「一曲NEW魂!!!!」の前例や、予告の煽り方を見て、違和感を抱いたようです。

そんな「小山慶一郎」は「キャスター」を務めていた報道番組「news every.」「日本テレビ系」を降板することが、「12月19日」放送の同番組内で明らかになりました。「20日夜」には「公式携帯サイト・Johnny’s web」の個人連載「KEIICHIRO」で感謝の気持ちを綴りながら、あらためて今後は「アイドル」として「一つ一つのパフォーマンスに魂を込めて、一歩一歩進んでいきたい」と、決意表明したのでした。

一体どんな内容になっているのか、「1月」放送の「RIDE ON TIME」を楽しみに待ちたいですね。

まだまだ「アンチ小山慶一郎」には許しを得ることができないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。