嵐★全50公演ドームツア決定の裏★20周年終われば結婚待ったナシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐★全50公演ドームツア決定の裏★20周年終われば結婚待ったナシ」の事をお伝えしたいと思います。

現在、「全国ドームツアー」「ARASHI Anniversary Tour 5×20」を開催中の「嵐」が、これまで未発表だった追加公演の全貌を発表しました。来年「4月」から、「全国50公演」の「大規模ドームツアー」を開催するといい、「ファン」にとっては、とびきりの「プレゼント」となったようです。ですがそのめでたい出来事の一方で、「ジャニーズ事務所」内は、今年散々取り沙汰されていた「“メンバーの結婚”」を不安視する声が出ているといいます。

追加公演があることは「ファン」に知られていたものの、その規模と会場は「アナウンス」されていませんでした。そんな中、「東京ドーム公演」において発表が行われたようです。その一方、「マスコミ」の間では、この日、「メンバー」に関してなにかしらの発表があるのでは、とささやかれていました。というのも、今年「6〜7月」に行われた「ワクワク学校2018」の時点で「嵐」に関する大きな発表があるといわれていて、今回は「嵐」には珍しい囲み会見。「マスコミ」の中には、「メンバーの誰かが結婚するのでは」と「ウワサ」する者もいましたが、結果的に「大規模ツアー」の開催のお知らせで、「メンバー」の「プライベート」に関しては特に触れられもしなかったようです。「“嵐ファン”」である一部の「マスコミ関係者」が、安堵の声を漏らしていたのが印象的でした。




今年、週刊誌や「ネットニュース」で続出している「メンバー」の結婚報道は、「ファン」のみならず、「ジャニーズ関係者」でさえ頭を悩ませているようです。

順当にいけば、「メンバー」内で最も交際歴が長いとされる「相葉雅紀」と一般女性が最初に「ゴールイン」するといわれていますが、「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」と交際しているという「二宮和也」が「トップ」を切る可能性もあるようです。「伊藤綾子」との交際をめぐっては、「嵐ファン」から不満の声が続出し、事務所関係者にも反対されているといいますが、にもかかわらず「二宮和也」が現在まで交際を継続していることに鑑みて、「本気で結婚を考えているのだろう」と指摘する「マスコミ関係者」は少なくありません。

「櫻井翔」と「テレビ朝日・小川彩佳アナウンサー」、また「松本潤」と「井上真央」など、結婚説が浮上するたび、「ジャニーズサイド」は「20周年を終えるまではあり得ない」と繰り返してきたといいます。

「嵐」の「20周年イヤー」が終了する来年「11月3日」までは、「メンバー」を「コンサート中心」の芸能活動に徹させ、「ファン」を悲しませるような出来事は極力なくすことが、「ジャニーズ」にとっての絶対命題のようです。ですが逆に言えば、この周年が終わってしまうと、「ジャニーズ側」としても「各メンバー」に「“待った”」を掛ける理由がなくなってしまうとも考えられます。




さらに、事務所にとっての当面の心配事は、「“ツアー開始後、メンバーの熱愛を週刊誌にキャッチされること”」なのだといいます。

「コンサート当日」や「リハーサル期間」はいいとして、次の公演まで間が空く期間に恋人と逢瀬し、その様子を「スクープ」されてしまうと、「コンサート」に悪影響が出てしまうのは必至のようです。来年は、特に私生活面で「何も起こさないでほしい」と、祈るような気持ちになっているそうです。

「20周年」を終えた後も、「嵐」には「NHK紅白歌合戦」の司会や、東京五輪の仕事が控えているとされます。「嵐」をめぐる周囲の心配事は尽きないようです。

「ジャニーズ事務所」にしてみれば結婚を認めざるを得ない時が近づいていることは間違いないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。