二宮和也★ニノさん企画★スタッフへ放送やめた方がいい★忠告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★ニノさん企画★スタッフへ放送やめた方がいい★忠告」の事をお伝えしたいと思います。

「12月23日」放送の「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」は、「ゲスト」に「ダイアモンド☆ユカイ、IZAM、椿鬼奴、気象予報士の森田正光、鈴木奈々」らが出演しました。

前回に引き続き、「THE私の歌グランプリ」と題し、自身の「エピソード」や日頃のうっぷんを誰もが知っている名曲の「メロディー」にのせて熱唱する企画の後半編を放送しました。「MC」は「二宮和也」、「アシスタント」に「平成ノブシコブシ」の「吉村崇」、特別審査員に「ダイヤモンド☆ユカイ」を迎えました。




前回、企画への不満を覗かせていた「二宮和也」は、「後半戦ということで、やっぱりこれ放送されたということなんですね?」と「吉村崇」に確認すると、「いや、もちろんですよ!でも「二宮は」ちょっと、この番組に前向きになっている感じはしますよ。結構熱い話をスタッフさんと話したり、空き時間とかこうした方がいいとか」と、「二宮和也」が収録空き時間に番組への意欲を示していることを語ると、「いやこうした方がいいなんて、一言も言ってない。やめた方がいいって「言った」」と「ズバリ」。「二宮和也」の歯に衣着せぬ「トーク」で番組が始まったのでした。

最初の歌い手は、気象予報士の「森田正光」です。現在「68歳」という「森田正光」は、昔に比べて「トーク」を噛んだりして失敗して落ち込むことが多くなったと言いますが、そんな時に癒やしになるのが孫の存在だといいます。ですが孫と会うとお小遣いや食事代など、お金がかかり切ない気持ちになることを「テーマ」に替え歌を披露しましたが、「番組AD」が両手を上下に大きく広げて「“拍子”」をつけながら、「森田正光」の歌の「テンポ」を「リード」する展開になります。これには「二宮和也」も「歌番組でよ。ADの子が拍を打つことあります?」と話し、周囲の笑いを誘っていたのでした。

続いて、「鈴木奈々」が登場しました。「藤田ニコル、丸山桂里奈、滝沢カレン」の出現で、自分の「ポジション」がなくなってきていることを告白しました。仕事の悩みを「テーマ」にした替え歌を披露しようとしますが、「二宮和也」は「でも確立されてるよ。「「オールスター」感謝祭」「TBS系」で「ヌルヌル相撲」とかやってればいいよ。こういう人いないんだから」と「鈴木奈々」の「ポジション」は確立されていると語っていました。




そして、発表された「MVP」は、前回、「二宮さん、ありがとう」という替え歌を歌った「芸人・馬と魚」に決定しました。最後に、「その人の良いところを詰め込んだ曲を一瞬で歌える」が特技であるという「馬と魚」は、「二宮和也」の良いところを「髪の長さがちょうどいい」「肌が白い」と歌い、「二宮和也」はそれに対して軽くおじぎをするのでした。

この放送を受け、「ネット」上では、「ニノさんの替え歌グランプリ面白いな」「ちょっと昔っぽい替え歌選手権やってる。こういうの好きだったなあ」「替え歌はもちろん、MCのニノさんのコメントは面白かった」などの声が集まっていました。

良い番組作りのために「ハッキリ」と自分の意見が言える「二宮和也」の熱い気持ちが伝わってきますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。