小山慶一郎★news every.★降板に現場の本音★お飾りキャスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★news every.★降板に現場の本音★お飾りキャスター」の事をお伝えしたいと思います。

「news every.」「日本テレビ系」「12月19日」放送回で、「キャスター降板」が発表された「NEWS・小山慶一郎」です。放送に際して、局員の間では、「小山慶一郎」降板への「“本音”」が飛び交っていたようです。

今年「5月」に発覚した、「小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」の未成年飲酒騒動です。「小山慶一郎」は芸能活動休止を発表し、同時に「every.」出演も、当面の間、見合わせるとしていました。

この時点で、「ジャニーズ事務所」は「小山慶一郎」の降板を「日テレサイド」に希望していました。ですが、同局上層部は続投を求めており、まずは冷却期間を ということになったものの、結局、復帰は叶いませんでした。




降板は、「メインキャスター・藤井貴彦アナウンサー」が「小山慶一郎」の手紙を読み上げる、という形で発表されました。

この際、「藤井貴彦アナウンサー」は最後に「私個人的には感謝の言葉を伝えたいと思います」としながら、「こうしたことで時間を使うことでご批判もあろうかと思います。皆様の大切なお時間をいただきまして、申し訳ありませんでした」と謝罪しました。この最後の「コメント」は、もともとの台本にあった内容ではなく、「藤井貴彦アナウンサー」からの要望で書き加えられたものといわれています。「ネット」上で起こるであろう、「小山慶一郎」への批判を予想し、あえて時間を割いて先に謝罪したのではないでしょうか。「藤井貴彦アナウンサー」の「小山慶一郎」への優しさが伝わってきました。

こうして、「日テレ上層部」や「藤井貴彦アナウンサー」からは惜しまれつつ降板した「小山慶一郎」でした。ですが、「every.」「現場スタッフ」は、必ずしも復帰を希望していたわけではなさそうです。

もともと「小山慶一郎」を番組に起用したのは、すでに別の番組に移籍している「プロデューサー」で、現在の「チーム」には、彼にそこまでの思い入れはなかったようです。「嵐・櫻井翔」の「news zero」起用が大成功したため、「小山慶一郎」はその二番煎じ くらいの認識しかありませんでした。




「zero」と「every.」では放送時間帯が違うため、「キャスター」に求められる能力も違っていたようです。

「zero」は「午後11時スタート」の平日最終版の報道番組であるため、予定していた「ニュース」が土壇場で変更になることはほぼありません。ですが、夕方放送の「every.」では、「オンエア」中に大きな動きがある「ケース」が多く、「キャスター」には機転や「アドリブ力」が求められるようです。「小山慶一郎」は、そつなく「キャスター業」をこなしていたとは思いますが、原稿の差し替えなどには対応しきれず、結果「“お飾り”」になってしまう「シーン」も多かったようです。出演見合わせ後、視聴率にそこまでの変化もなかったし、「ただでさえ気を使うのに、この状況で復帰されても」というのが現場の本心のようです。

こうして、自分がまいた種で、「キャスター」を降板することとなった「小山慶一郎」です。「2018年」は「グループ」にとっても黒歴史となってしまいそうな「1年」でしたが、来年以降、また新たな仕事を見つけられることに期待したいですね。

やはり現場から聞こえてくる生の声は「ファン」としては耳にしたくない心境になりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。