加藤シゲアキ★犬神家の一族★金田一耕助演じる★セリフ棒読み&学芸会レベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ★犬神家の一族★金田一耕助演じる★セリフ棒読み&学芸会レベル」の事をお伝えしたいと思います。

「12月24日」放送の「犬神家の一族」「フジテレビ系」で、「第15代目」となる「金田一耕助」を演じた「NEWS・加藤シゲアキ」です。平均視聴率は「11.0%」「ビデオリサーチ調べ/関東地区」で、まずまずの結果と言えますが、「ネット」上では「歴代金田一の中で断トツにヘタ」「セリフ棒読み」「金田一の世界観が台無し」と酷評の嵐でした。

「“金田一耕助”」と言えば、「推理作家・横溝正史」の小説に出てくる有名な探偵です。「金田一耕助」が主人公の作品は、主演を変えて何度も映像化されている「人気シリーズ」となっています。そのため、主演の俳優には毎回注目が集まっているのですが。




「加藤シゲアキ」の場合は、放送前から「なんでこの人が主演?」と疑問の声が噴出していました。未成年との飲酒騒動を起こしたにもかかわらず、「7月」には「ゼロ 一獲千金ゲーム」「日本テレビ系」で主演、そして今回の「犬神家」と、立て続けに「主演ドラマ」が決まったことに対して非難の声も多かったのですが、そもそも「演技力が絶望的」「もっと演技力ある人いるでしょ」と、「加藤シゲアキ」の「“演技力”」に不安があるという声が多く寄せられていたようです。そして放送が始まると、「ネット」上では「セリフ棒読みだな」「悪い意味で予想通り」「コレじゃない感がすごい」「金田一じゃなく、ただの加藤じゃん」「学芸会レベル」といった批判の声が相次いでいました。

「金田一耕助シリーズ」は、「トラウマになった」という人もいるほどおどろおどろしい雰囲気や緊迫感が漂う「ミステリー&ホラー作品」ですが、今回の「犬神家」については「全体的に軽すぎる」「よくこのクオリティで放送できたな」「緊迫感が一切ない」と、不満の声は止まずです。「これを金田一シリーズとして数えたくない」「会話が軽すぎて、まるでコント」といった辛辣な意見まで上がっていました。

長年愛され続けている「シリーズ」なだけに、視聴者には「やっぱり金田一は石坂浩二のイメージ」「古谷一行でしょ」とそれぞれ「イメージ」する「金田一耕助」像ができ上がっている様子でした。それだけに、「ヨレヨレ」の袴姿に、頭を掻けば「フケ」が舞うほどの「ボサボサ頭」という定番の「“金田一スタイル”」を披露した「加藤シゲアキ」ですが、うまく「ハマ」っていないと感じた人も多く、「もはやパロディ」「ただのコスプレ」とまで言われていました。




近年は、「吉岡秀隆」や「池松壮亮」、「長谷川博己」などが立て続けに「金田一耕助」を演じてきましたが、いずれも俳優たちの個性を生かした「ビジュアル」になっており、演技力ともども高い評価を集めていました。

今回は「加藤に金田一は若すぎる」といった声も寄せられていましたが、高評価だった「池松壮亮」などは、「加藤シゲアキ」よりも年下です。そのため、年齢を言い訳にすることはできず、演技力の低さを露呈してしまった感は否めないようです。

「ジャニーズ」の中では、過去に「稲垣吾郎」が「金田一耕助」を務めており、その「イメージ」が強いという視聴者はいまだに多いようです。評価が高ければ、今後、「加藤シゲアキ」が「稲垣吾郎」の跡をつぐ可能性もあったでしょうが、今回の放送を見る限り、その望みは薄そうですね。

過去の「金田一耕助」を比較してみても「加藤シゲアキ」の演技力の高さが垣間見えたようにも思えるのですが。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。