二階堂高嗣★28歳で子ども作るのもう遅い★発言にファン怒りの声

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「二階堂高嗣★28歳で子ども作るのもう遅い★発言にファン怒りの声」の事をお伝えしたいと思います。

「12月24日正午~25日」にわたり、「Kis-My-Ft2」が初めて「パーソナリティ」を務めた「ラジオ番組」「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン2018」「ニッポン放送」が放送されました。「24日午後10時台」には「元SMAP・中居正広」が乱入し、「“下ネタの洗礼”」を浴びせるなど大暴走でした。一方、「二階堂高嗣」が迂闊に「デリケート」な問題を口走った際は、すかさず「フォロー」を入れる一幕もあったといいます。

毎年恒例の同番組は、目の不自由な方が安心して街を歩けるよう、「音の出る信号機」を設置するための基金を募る「チャリティー企画」となっています。「24時間」の「生放送ラジオ」は「キスマイメンバー」にとっても滅多にない経験となりましたが、番組開始から数時間がたつ「24日」夜に、予期せぬ「サプライズ」が起こりました。「40代・独身男性リスナー」の「メール」で「今日この後、好きな女の子に歌のプレゼントをしたいのですが、どんな曲にしたらいいですか?」と質問を受けた「キスマイ」でした。癖の強いしゃべり方や独特な「キャラクター」に「メンバー一同」は困惑するも、「皆さんにとって平成を代表する曲はなんですか?」と何度も聞かれ、なんとか楽曲の候補をいくつか絞り出しました。

実はこの声の主こそが「中居正広」で、電話の途中に突如「ラジオブース」内に侵入してきました。「何してるんですか?」と戸惑う「キスマイ」をよそに、「中居正広」は「皆さんの平成を代表する曲、まったく、まったく僕らの出てこなかったですね!」と、暗に「SMAP」の歌を挙げる人がいなかったことに愚痴を漏らしたようです。最終的には「ここで私から1曲いきたいと思います」と、自ら「SMAP」の「シングル曲」「雪が降ってきた」「1992」を曲紹介しました。「中居正広」は「2016年」の解散以降、自分の「ラジオ」でも「SMAP」の曲を流していないので、放送中に「SMAPファン」は大盛り上がりでした。




そんな「中居正広」は「クリスマスプレゼント」として、「7人」にそれぞれに合わせた「“ある物”」を贈呈しました。一斉に開封してみると、「メンバー」は「これどうやって説明すんの!」「北山」「説明できないでしょ!ねぇ!」「二階堂」と大爆笑しており、実際の中身は明かされなかったものの、どうやら「中居正広」は個々の名字と同じ女性が出演する「“アダルトビデオ”」を渡したようです。「リスナー」へ向け、「プレゼント」の説明を促された「宮田俊哉」は「一言で言うと、「“せいなる夜”」ですね」と表現しつつ、「8人」は生放送「ギリギリ」の「トーク」を展開しました。「中居正広」は、言葉で伝えにくい商品をもらった後輩がどんな反応を見せるのか、やや「悪ノリ」しながらも楽しんでいる様子でした。

その後、「北山宏光」は同い年の彼と「10年」にわたり交際しているという「28歳女性」のお便りを紹介しました。彼女は「そろそろ結婚してもいい歳」だと思っているそうですが、彼の方は「30歳まで結婚は」「いや、まだ遊びたい」などと言い張っているようです。「「まだ遊びたい」とはどういう意味でしょうか?」「男性の心境、私に教えてください」と、助言を求める内容でした。ですが、「中居正広」は女性と長い期間の交際を経験していないためか、「何この女の子、怖くない?」と、毒を交えて「コメント」しました。続けて、「30「歳」からじゃない?チンパンジーみたいな生活始まるの」「俺はもう10代からずっとチンパンジーだよ。人間になってない。進化しないまま」と、自身を引き合いに男性はもう少し「“遊びたい年頃”」なのではないかと推察しました。

あらためて、「北山宏光」が「18歳から付き合ってて、10年。28歳で、そろそろ結婚してもいいんじゃないかなっていう年齢に差し掛かってる」と女性の意見をまとめたところ、「中居正広」は「誰が決めたんですか?その、「差し掛かってる」とか。世間体ですか?」と、疑問視します。「女性的にあるんじゃないんですか?」「千賀」「女性の結婚するまでの、ある程度の年齢というのは、なんか理想というか」「北山」との声が出る中、「二階堂高嗣」が「でも、もう28歳だったら、子ども作るのも、もう遅いっていうね?28歳」と、発言しました。「二階堂高嗣」の言葉に対して、「北山宏光」がすかさず「いや、そんなことはないよ」と否定し、「メンバー」も同調しました。これには「中居正広」も「ぜんっぜん「遅くない」!」と言い切り、

「あのだから、その「“適齢期”」っていうのは誰が決めたってことだね。結婚適齢期とか出産適齢期というのは。うん。だって、そんなこと言ったら俺どうなんだよ。俺、化石みたいになっちゃうじゃないかよ。なんで俺、爺さんみたいな」




と、自身を引き合いに「コメント」したのでした。ですが、「二階堂高嗣」の「28歳だったら、子ども作るのも、もう遅いっていうね?」という発言を聞いた「ファン」は「不適切すぎる」と反応しました。「ネット」上で怒りをあらわにする「コメント」が続出することとなりました。

「二階堂高嗣」は、お便りをくれた「リスナー」の声を代弁したつもりだったのか、それとも自分の意見なのかは、本人のみぞ知るところでしょう。とはいえ、「キスマイファン」の大半は女性ですし、ちょうど「28歳前後」の「リスナー」も多かったようです。「ラジオ」放送中から「28歳で子ども産むのは遅いって、世の中の女性を敵に回した」「このラジオを聞いてる人は女性が多いのに、デリカシーのない発言するなんて二階堂は人間のクズ」「二階堂さん、チャリティー番組で「28歳で出産するのは遅い」発言はひどすぎる。もう少し社会を学び直して」と、「二階堂高嗣」への「クレーム」が飛び交いました。また、「2008年」に「倖田來未」が「ラジオ番組」で「35歳を過ぎるとお母さんの羊水が腐る」といった趣旨の一言で「大バッシング」された件もあることから、「昔の「羊水腐る」レベルの発言」だと、怒る声もありました。

一方、「中居正広」の「コメント」に関しては「「適齢期って誰が決めたんですか?」と言った中居さん、かっこよすぎ。大人」「すかさず「年齢は関係ない、適齢期なんて誰が決めたんだ」とフォローしてくれた時は、さすがだなって思った」「失言に対して、中居さんがすぐフォロー入れてくれて、本当に救われた。本人も先輩に感謝しないとね」「「適齢期って誰が決めたの?って話ですよね』と後輩の失言を軌道修正する仕事ぶりにしびれた」と、称賛の声が上がっています。

騒ぎは広まり、実際に「ラジオ」を聞いていないと思しき人までが「二階堂高嗣」を批判するなど大事に発展しました。女性の支持者が多い「男性アイドル」として、また「1人」の社会人としてあるまじき発言であると、多くの人が感じているのでしょう。今一度、影響力のある立場だという自覚を持ち、これを教訓に多くのことを学んでほしいものですね。

「二階堂高嗣」の発言に対して怒りが収まらない状況に「中居正広」の優しさ溢れる適切な「コメント」に「女性リスナー」の怒りが少しでも和らいだことに感謝します。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました