高木雄也★FNS歌謡祭★ドラァグクイーン姿の三浦春馬に衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「高木雄也★FNS歌謡祭★ドラァグクイーン姿の三浦春馬に衝撃」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「JUMP da ベイベー!」「bayFM」が「12月21日」深夜に放送されました。




この日最初の話題は「2018 FNS歌謡祭」「フジテレビ系」について。「Hey!Say!JUMP」は今月「5日」に放送された「第1夜」に出演し、大勢の「アーティスト」の前で楽曲「COSMIC☆HUMAN」「2018」を歌ったほか、「MC」の「森高千里」と「コラボ」して「ジン ジン ジングルベル」「1995」も披露しました。これについて、「リスナー」から「感想を教えてください」という「メッセージ」が届き、「有岡大貴」は「「グランドプリンスホテル新高輪の」飛天の間でやらせていただいたのが結構久しぶりというか」と、毎年出演してはいるものの「アーティスト」の前での楽曲披露が久しぶりだったため、「緊張したね」と漏らしていました。

また、もっとも印象に残ったのは、「氣志團」の「One Night Carnival」「2003」が、「DA PUMP」の「U.S.A」「2018」と「コラボ」して「アレンジ」した「パフォーマンス」だったといい、「有岡大貴」は「あの距離で見れたことが本当にうれしく思います」と感激の「コメント」でした。「高木雄也」も「コラボとかがたくさんあるからね。ミュージカルのメドレーもすごかったしね」と話していました。

その「ミュージカル」に出演した「ライオンキング」たちと裏ですれ違ったことなども楽しそうに話していた「2人」ですが、「高木雄也」は「ドラマ」「ごくせん」「日本テレビ系」の「第3シリーズ」で共演し、仲がいいことでも知られている「三浦春馬」が「エレベーター」に居合わせたものの気づかなかったことを告白しました。




「三浦春馬」は、「FNS」の「パフォーマンス用」に「ブロードウェイミュージカル」「キンキーブーツ」で演じている「ドラァグクイーン姿」だったため、まったく本人と気づかなかったそうで、「あとで薮くんに「春馬くんいたね」って言われて、「え?今?」って。「エレベーターの横にいたじゃん」って。「春馬いたの!?」って言って」と、「薮宏太」に指摘されたようです。ですが、「パフォーマンス」終了後には「三浦春馬」が「高木雄也」の元に「ハイタッチ」しに来てくれたといいます。「俳優さんとなかなか歌現場で会うことないからうれしかった」と「高木雄也」が言うと、「有岡大貴」も「刺激的な一夜になりましたね」と話していました。

この日の放送に「リスナー」からは、「高木くんの「“春馬”」呼びがなんかうれしい!」「あの三浦春馬くんは気づかないよね「笑」」といった声が集まっていました。

また、「デビュー」して初めて「FNS歌謡祭」』に出演した際は、共演していた「V6」が「JUMP~!」などと掛け声をしながら盛り上げてくれていたようです。「2人」は「ああいうの結構笑顔になれるよね」と言い合い、「デビュー」した頃のことを懐かしそうに振り返っていました。

確かに「ドラァグクイーン姿」の「三浦春馬」が横に居ても気づかないの「高木雄也」だけではないと思いますね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。