橋本良亮★1人の方が楽・アクロやりたくない★通常営業と楽観視するファン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「橋本良亮★1人の方が楽・アクロやりたくない★通常営業と楽観視するファン」の事をお伝えしたいと思います。

2012年」の「メジャーデビュー」以前から、「ジャニーズグループ・A.B.C-Z」の「メインボーカルセンターポジション」を務めている「橋本良亮さん」です。先日は「公式携帯サイトJohnny’s web」で「他のグループが羨ましい」と吐露した一件が波紋を呼びましたが、またしても「ファン」に「ショック」を与えるような発言を連発したといいます。

A.B.C-Z」は「2月1日」に「デビュー6周年」を迎え、「7日」には昨年行われた「5周年記念コンサートツアー」の「Blu-rayDVD」「A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour」が発売となります。そんな中、「3日付」の「日刊スポーツ」の連載「Saturdayジャニーズ」に「橋本良亮さん」が登場したのですが、「インタビュー内」では自身の「パフォーマンス」に関する「ネガティブ」な発言が目立っていたようです。「橋本良亮さん」といえば、「1月30日」に更新した「Johnny’s web」の連載「えびブロ」に「「グループで飯でも行きたいなー。他のグループが羨ましい」とつづり、「違うグループを羨ましがるはっしの言葉に傷ついた」などと、「ファン」の気分を害したばかりでした。その直後、またしても「“モヤモヤ”」させるような発言をしていたようです。




橋本良亮さん」は「Saturdayジャニーズ」の「インタビュー内」で、「A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour」の「星形ゴンドラ」で踊る演出について、「「戸塚祥太さん」が考えてくださったんです。「アクロバティックってほどじゃないけど、「スリリングでした僕にもついていけるレベルありがたいです」と、謙虚に「コメント」しました。ほかには、昨年の「デビュー記念日」に発売となった「シングル」「Reboot!!!」の「パフォーマンス」に触れている部分で、「踊りはたいへんでした。「河合郁人さん」が「新しいのやってみたいと言い出したんです」と裏話を明かし、「歌うことが頭にあって、「5年前まではこんなアクロバティックなことをするとは思っていませんでした」と、「A.B.C-Zデビュー当時」の心境を回顧しています。

もともと彼らは「アクロバット」が得意な「戸塚祥太さん河合郁人さん五関晃一さん塚田僚一さん」の「4人」で活動していましたが、歌唱力に定評のある「橋本良亮さん」が「2008年」に加入し、現在の「A.B.C-Z」の形になりました。「橋本良亮さん」は「ダンス」や「アクロバット」に関して、「ジャニーズ」の入所歴も先輩である「他メンバー」との技術力の違いを痛感しているようで、「A.B.C-Z」になった時に戸惑いがあったと、過去の「インタビュー」などで言及しています。「Saturdayジャニーズ」でも、「グループ加入後」は不得意な「アクロバット」と向き合い、先輩たちに教わりながら特訓したと、苦い経験を振り返っていました。

さらに「Saturdayジャニーズ」では、「ここ1年くらいですかねようやく「「ホントアクロバットやりたくないって本音も言えるような空気になったのはある意味溶け込めた気がします頑張ろうと挑んでも結局難しいなと思ったときに4人橋本良亮さんはここやらなくていいよと気を使ってくれるそんな感じです」「「5Stars―」戸塚祥太さんさんが初めて構成していろんな思いがあったと思うんですけどそこに僕は応えきれなかったんじゃないかそういう悔しさは正直あります」と、「グループ内」の関係性を明かしています。

また、「1月」に東京と大阪で行われた朗読劇「蜜蜂と遠雷」「リーディングオーケストラコンサート」~「コトダマの音楽会~」に出演していた「橋本良亮さん」は「舞台とか朗読劇とか、「1人で仕事をやっているときの方が正直気持ちが楽になるときがあります次元の違うメンバー」と「アクロバティックダンスをやるのはプレッシャーですから」と、本音を告白しています。




これら「一連」の発言に「ファン」は、「本音を言いやすい空気になってよかったと思う半面、「モヤモヤした」「「アクロバットやりたくない」「「1人」仕事の方がプレッシャーがなくて楽とか言う必要あったかな」「「アクロバットやりたくないってアイドルグループ内の方針を垂れ流さなくていいよ楽しそうに仕事してるところが見たいだけなのに」「「6周年に向けての抱負とか聞けると思ったけど仕事に対する愚痴を聞かされるとは」と、辛らつな感想が続出しています。

同紙の取材の中では、腰痛持ちのため「2週」に「一度」ほど「ハリ治療」を受けていると明かし、「「コルセットをしてステージに立つこともあるんですだからアクロバットは苦手というわけにもいかないんで」と、負けん気の強さも垣間見せています。「「ライブの充実感はやっぱり5人でやるときですね他では絶対に味わえないものがあります」と、「A.B.C-Zメンバー」として活動する喜びも述べていますし、「メンバー」に追いつこうと、「橋本良亮さん」なりに苦悩している様子です。ですが、最近は「他グループ」を羨んだり、「A.B.C-Z」に対する否定的な発言が増えているため、見過ごせない人も多いようです。一方で、「橋本良亮さん」が「ネガティブ」な思考なのはいつものことだと、「通常営業」と楽観視する「ファン」も少なからずいます。

6周年」の今年こそ「グループ」が「一丸」となり、「ファン」を満足させるような「パフォーマンス」を見せてくれることを願いたいですね。

橋本良亮さん」も「1人」の人間ですからたまには愚痴りたくなることもありますよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。