小山慶一郎★34歳にもなってお恥ずかしい★生活事情明かしファンヤバい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★34歳にもなってお恥ずかしい★生活事情明かしファンヤバい」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「12月25日」深夜の放送回には「加藤シゲアキ」が登場し、「2018年」に「ハマ」った料理について語りました。

「18年」の「“食”」を象徴する「今年の一皿」に「サバ」が選ばれたことを受けて、「リスナー」から「得意料理がしめ鯖の加藤さんに質問です。個人的「“今年の一皿”」を決めるとしたら何でしょうか?」という質問が届くと、「俺はもう「“スリランカカレー”」です」と即答した「加藤シゲアキ」でした。




料理が得意で毎年の「“梅干し”」作りはもはや恒例行事になっていますが、「ハマ」るととことん凝りだしてしまうため「カレーだけには手を出さないようにしてた」ようです。ですが、「スリランカ」で買った「スパイス」で作ってみたところ「あの、うまいですね、俺。料理」と自画自賛するほどおいしい「カレー」ができたのだといいます。

そのため「“今年の一皿”」というより、「スリランカカレーをおいしく作れたことの達成感」だと語っていました。実際、「加藤シゲアキ」は「カルダモンとかクローブとか。シナモンスティックとかから炒めて」とかなり本格的な「カレー作り」をやっているといいます。

一方「小山さんは料理しないんですか?」と聞かれた「小山慶一郎」は、「しないな~」と「キッパリ」。というのも、毎週母親が自宅にやってきて料理を作ってくれるようです。さらには、料理上手な姉も来るらしく、「小山慶一郎」の冷蔵庫は母と姉が作り置きした料理の「タッパー」が山積みに入っているといいます。




これには「加藤シゲアキ」も、「それは小山さんが作る隙はないね」と「コメント」します。そんな環境を「小山慶一郎」自身は「この年になってお恥ずかしいけど」と恥じている様子ものぞかせましたが、今年の一皿に「母親の餃子」を上げるほど、食事は頼り切っているようです。

ちなみに、「小山慶一郎」の姉は「“おうち料理研究家”」として活躍する「みきママ」こと「藤原美樹」であるのは「ファン」に知られている事実です。また実家は「ラーメン屋」で、母親が厨房に入っていることも広く知られているだけに、「あんな料理上手なママとお姉さんいたらご飯なんか作らないよね」「お姉様とお母様、料理上手だもん」「小山姉が家来たらご飯無敵じゃん!」という声が続出しました。一方で、「毎週母が来て姉も来るのヤバいよね 小山さんと結婚したら荷が重そう」などの意見も上がっていました。

そんな「小山慶一郎」、最近は「とんでもないカツサンドを見つけてしまったの!」とお気に入りを見つけたようで「めっちゃうまい!あそこのデリバリーしてほしい!ソース多めで!」と「加藤シゲアキ」にも勧めていたのでした。

料理上手な家族が居るのに「ワザワザ」自分で料理をすることなんて考える訳ないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。