JUMP★中堅でも平均年齢27歳未満★煮物になるトシじゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「JUMP★中堅でも平均年齢27歳未満★煮物になるトシじゃない」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「マイク」が「オフ」になっていた「トラブル」が話題となった、「12月21日」放送の「ミュージックステーション スーパーライブ2018」「テレビ朝日系」です。思いがけない事故に困惑しつつも、明るく笑顔で対応しようとする「WEST」には心打たれましたが、ちょっと憂えることもありました。

それは、「Hey!Say!JUMP」の置かれた微妙な「ポジション」のことです。今年「デビュー」したばかりで「デビュー特需」にある「King&Prince」は例外として、「Hey!Say!JUMP」は「ファンクラブ会員数」や「CD」売り上げ、「コンサート」の集客力も、「ジャニーズ事務所」において「嵐、関ジャニ∞」に次ぐ「人気グループ」と言っていい存在です。

ですが、「中堅グループ」という「ポジション」からか、「若手グループ」を目立たせる関係なのか着用していた「スーツ」の色味には、悲しみを禁じえませんでした。




「キンプリ」が「白+金色」であるのに対し、「Hey!Say!JUMP」は「ベージュ」「薄茶色」でした。「ファン」は「Twitter」で「全員お顔が美しい」「顔が良すぎる」「さすがの顔面偏差値」と佇まいを絶賛していたものの、「ネット」の掲示板上では「煮物」と言われ、「JUMP」の衣装が大いに嘆かれ、「嵐から煮物衣装を引き継いだのか」「ジャニーズの煮物「衣装」担当をやめさせろ」といった声が出ていました。

「おじさんジャニーズ」には、光沢ある「茶色かベージュ」を着せるようです。おじさんを綺麗に見せる色のようです。

実は以前、「ジャニーズ御用達雑誌」の編集者から、そんな話を聞いたことがあったのですが、確かにこの色、諸先輩方がよく着せられている気がします。

この「煮物」「色、30~40代」の「ジャニーズ」が着ると、顔色も良く見えて上品だということはよくわかりますが、「Hey!Say!JUMP」は「デビュー11年目」にして、平均年齢「27歳」未満です。経験的には立派な中堅とはいえ、まだ「煮物」になる「トシ」ではないようです。




まして「山田涼介、伊野尾慧、中島裕翔」を中心として、「色白美肌」率の非常に高い「グループ」です。おそらく「美肌」度においては、「デビュー組ナンバー1」なのではないでしょうか。

そして、この日、「Hey!Say!JUMP」はいつも以上に、「キラキラ」した輝きを放っていました。「山田涼介」の艶は眩しいほどでしたし、「伊野尾慧」のほっぺを「プクーッ」と膨らますあざとさには、「ジャニーズ」に疎い層も「可愛い」と「Twitter」上で湧いていましたし、「八乙女光」の「ウインク」も、「高木雄也」のお茶目顔も、常に「ブレ」ない正確さを保つ「知念侑李」の気迫あふれる「ダンス」も、どれもこれも「いつもより大盛りサービスの気合」を感じさせるものでした。

それは、平成最後の年末の「ミュージックステーション スーパーライブ」への意気込みからか、「山田涼介、有岡大貴」と、人気を牽引する「メンバー」の熱愛が立て続けに報じられた危機感からか、「20代後半」にして「煮物」衣装を着せられてしまった悔しさからでしょうか。煮物衣装に包まれながらも、地味にならず、沈まずに、いつも以上に「キラキラ笑顔」を放つ「Hey!Say!JUMP」の内面から滲み出る思いや闘志を感じる「ステージ」でした。

「煮物衣装」だったとしても「JUMPメンバー」の「実力&魅力」があれば特に気にすることでもないように思われるのですが。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。