嵐が大トリの怪★紅白★最終歌唱者はサザン★NHKジャニーズに忖度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐が大トリの怪★紅白★最終歌唱者はサザン★NHKジャニーズに忖度」の事をお伝えしたいと思います。

大みそかに放送される「NHK紅白歌合戦」に、「“特別枠”」での出演が決定していた「サザンオールスターズ」が、番組の「ラスト」「勝手にシンドバッド」と「希望の轍」を歌うことが「12月26日」に明らかになりました。「“歌合戦”」の「大トリ」を務めるのは、白組に出場する「嵐」で、「サザンオールスターズ」は「“最終歌唱者”」だというのですが、「ネット」上では「大トリ後の最終歌唱って何?」と物議を醸しています。

「サザンオールスターズ」の「紅白」出演は「4年」ぶり、「5回目」となりますが、特別枠での出演が報じられた時点で、「ネット」上には「最近、特別枠で出るアーティストが増えてきたね。もう歌合戦とかやめればいいのに」「昨年、引退前の安室奈美恵が出演したのは、確かに特別感があったけど、サザンを特別扱いするのはなぜ?」「普通に出場する人たちの歌唱時間を削ってまで、特別枠を用意する必要性を感じない」などと疑問視する人もいたようです。




ですが今回、「サザンオールスターズ」の曲目が発表されると、「どちらも名曲だし、盛り上がりそう!」「平成最後の「紅白」、サザンが締めで良かったのかも」といった好意的な「コメント」が続々と寄せられるようになりました。

一方で、「大トリは嵐だけど、最終歌唱者はサザンって複雑だな」「これは実質、サザンが大トリなのでは?」「サザンの前に歌う嵐を大トリとは言わないだろ」との指摘もあるようです。「嵐」は「“出場者の中での大トリ”」ということなのでしょうが、その後で特別枠の「サザンオールスターズ」が「ラスト」を飾るとあって、「何それ?」と違和感を覚える「ネットユーザー」が多いようです。

「一部ネット」上には、「NHKがジャニーズ事務所に忖度して、嵐に花を持たせようとしてるんじゃない?」「嵐ファンへの配慮かな?」との指摘が寄せられているほか、「まぁ一般的には、嵐よりサザンの方がラストに相応しい」「何も知らない視聴者は、サザンが大トリだと受け止めるよね」といった声も出ています。




「嵐」や「ジャニーズ」の「ファン」の中にも、「なんか嵐が無理やり大トリにしてもらったみたいじゃん」「もうサザンが大トリでいいから!ジャニーズに気を使わないで!」などと、複雑な心境を書き込む者が少なくないようです。

歌唱順で思わぬ混乱を招いてしまった「紅白」ですが、当日は「嵐」も「サザンオールスターズ」も、お茶の間を盛り上げてくれることでしょうね。

「NHK」もやはり「ジャニーズ」に忖度しないことには数字をとることが難しいようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。