TOKIO 嵐★原監督出演★山口達也ファンザワつく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「TOKIO 嵐★原監督出演★山口達也ファンザワつく」の事をお伝えしたいと思います。

元旦に放送される「バラエティ番組」「TOKIO嵐」「日本テレビ系」です。「9回目」となる今回は、新春にふさわしく「ウルトラマンDASH!」と「嵐にしやがれ元旦スペシャル!」の夢の「豪華コラボ企画」が実現しました。女優の「米倉涼子」の大好物を賭けた「MJ VS 米倉涼子 男と女のスマート対決」や、「櫻井翔」が剣道を得意とする「フリーアナウンサー・有働由美子」と剣道強豪校で特訓を行う企画、「嵐にしやがれ」でもお馴染みの釣り船「“大野丸”」に「TOKIO」の「松岡昌宏」が乗船するなど、盛り沢山の内容となっています。中でも注目されるのが、「2019年」に「4年」ぶりに巨人の監督に就任する「原辰徳監督」と対面する「小っちゃな野望」の「コーナー」です。この企画では、「二宮和也」と「原辰徳監督」が「メロンパン作り」になど様々なものに挑戦するといいます。

実は「二宮和也」は、以前から「原辰徳監督」のことを「“尊敬する人物”」として挙げています。「2月」に放送された「バラエティ番組」「VS嵐」「フジテレビ系」では、子供の頃の憧れの人について話題が及び、ここでも「原辰徳監督」の名前を挙げています。番組で「実際お会いさせていただいて、「“よろしく”」って向こうさんが認識してくれた時、俺はもう使命は終えたと思った」とその時の感激を口にしていました。




「原辰徳氏」の監督復帰が明らかになったのは「10月」のことです。選手としての輝かしい実績もさることながら、「2期12年」で「リーグ優勝7度」、日本一に「3度」導いた指導者としての手腕も高く評価されています。そんな「原辰徳氏」の唯一の醜聞が「2012年」に報じられた、女性問題に端を発し、反社会的勢力に「“ゆすられて”」億単位の金を払っていたという記事です。

紳士球団の監督という立場にあり窮地に立たされましたが、「原辰徳監督」はこのことを潔く認め、「ファン」に対する「謝罪コメント」も発表されました。「読売グループ」もむしろ恐喝の被害者だとして「原辰徳監督」を守り抜き、球界を揺るがす「スキャンダル」を乗り越えることができました。

そんな荒波を乗り越えた「原辰徳監督」が「TOKIO嵐」に出演するとあって、当時取材に当たった記者からこんな声も聞こえてきました。




当時、「原辰徳氏」は監督をやめるべきという声が世論の大多数を占めましたが、巨人はかばい続け、結果、「原辰徳」は名監督と呼ばれるまでになりました。今年「5月」に「ジャニーズ事務所」を解雇された「山口達也」が起こした事件については同情の余地もありませんが、事務所が再起する道を完全に閉ざしてしまったことについては異論を挟む声もあります。

「3度目」の復帰を果たした「原辰徳監督」のように、「山口達也」の再起を願う「ファン」のざわめきが聞こえてきそうです。

どんな人間にも一度や二度の過ちを犯してしまうことはよくあると思うのですが「ジャニーズタレント」にはどうしても許される行為ではないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。