錦戸亮★今井翼に強烈なジェラシー★燃やしたワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「錦戸亮★今井翼に強烈なジェラシー★燃やしたワケ」の事をお伝えしたいと思います。

「2018年」に「渋谷すばる」が抜けて、「関ジャニ∞」の「ボーカル」の一翼を担っている「錦戸亮」の負担が増えました。「安田章大、丸山隆平」との「トリプルボーカリスト」として、「グループ」の歌唱部門を担当する「錦戸亮」です。「18」年は念願だった「NHK大河ドラマ」「西郷どん」「NHK総合」出演の夢を叶え、「19年1月期」の「月9ドラマ」「トレース~科捜研の男~」では主役を務めます。ここ数年は、歌手として主演俳優として、「オファー」が絶えない状況が続いています。

躍進の理由は、多くの仕事を経験してきたことにあるようです。




「錦戸亮」は「関ジャニ8」「のちの関ジャニ」結成後、「NEWS」にも抜てきされて、「両グループ」で「歌手デビュー」しました。「NEWS」を脱退する「11年」までのおよそ「8年間」、掛け持ちをしていました。通常の「ジャニーズタレント」の「2倍」働いた分、「ダンスや歌、台詞」を覚える「スピード」が格段に速くなり、「05~06年」にかけては「ドラマ、コンサート、ミュージカル、ソロコンサート」が重なって、忙しさは「ピーク」になります。ある「ミュージカル」では通し稽古にまったく参加できず、「DVD」を観てすべての動きを把握したようです。

その「ミュージカル」とは、「KinKi Kids・堂本光一」の「Endless SHOCK」です。「ミュージカル」の単独主演公演数の日本記録を更新中の同作に、「錦戸亮」は「05年」、「今井翼」と「ダブルキャスト」で出演しています。「翌06年」にも、「今井翼」が左足小指の中足を骨折したため代役出演しました。驚異の暗記力を発揮したようです。ですが「錦戸亮」は、のちに先輩の「今井翼」に嫉妬の炎を燃やすことになります。

「MILLENNIUM SHOCK」ではじまり、「ショー劇・SHOCK」、「Shocking SHOCK」という系譜がある「“SHOCK”」「シリーズ」は、座長の「堂本光一」はもちろん、前半期を支えた「今井翼」が高く評価され、「少年隊」で始まった「ジャニーズ」の「伝統ミュージカル」「“PLAYZONE”」「シリーズ」の座長に就任するきっかけとなりました。「今井翼」が座長になったことで、「錦戸亮」の「ダブルキャスト」、代役という実績がかき消されてしまったようです。「錦戸亮」は「ジェラシー」を感じたようです。




「錦戸亮」の演者としての土台を形成したのは、「関ジャニ」と「NEWS」であることは間違ありません。ですが、「堂本光一座長」と「“SHOCK”」「シリーズ」で習得した「プレッシャー」と、「今井翼」への「ジェラシー」も大きな「カンフル剤」となりました。

「月9主演俳優・錦戸亮」の通過点にいた「今井翼」です。「メニエール病」の再発によって、「タッキー&翼」は解散、「今井翼」は「ジャニーズ事務所」を退所するにいたりましたが、「錦戸亮」にとって忘れられない先輩のひとりであるに違いないようです。

人が成長するには「ライバル」が居たり「ジェラシー」を感じる相手が居たりはある程度は必要なのかも知れませんね。その苦しい時間を乗り越えて来たからこそ「錦戸亮」の進化に繋がってことは間違いないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。