木村拓哉★美容師ドッキリ★もう歌はやらないってこと★ファン心配

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉★美容師ドッキリ★もう歌はやらないってこと★ファン心配」の事をお伝えしたいと思います。

あの「木村拓哉」が美容師に扮して一般の女性客に「ドッキリ」を仕掛けます。「2019年1月2日」放送の「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」「TBS系」に「木村拓哉」が出演します。本物の美容師が「シャンプー」をしている途中に「木村拓哉」と交代するというもので、「TBS」の番宣映像では「木村拓哉」が女性客を背後から「ハグ」している場面もあり、「ファン」ならずとも卒倒しそうな勢いです。




そんな羨ましい「ドッキリ」に様々な反響が集まるなか、一部の「ファン」からは残念がる声も聞こえてくるといいます。それは「歌手・木村拓哉」の今後に関する心配だというのですが、「ジャニーズ事情」に詳しい芸能記者が指摘しています。

「ジャニーズ」が他の「アイドル」と一線を画している点として、「ファン」と「“接触”」しないことが挙げられます。「デビュー前後」の「グループ」ならともかく、世間に名が知られてくると「ファン」と握手することさえなくなるようです。事故を防止するためでもありますが、極限まで接触を制限することで、「ファン」に渇望感を生じさせる狙いもあるようです。「ファン」は少しでも生の「メンバー」を見たくなり、「コンサート」の「アンコール」では「Tシャツ」に着替えて出てくるだけで大歓声となります。それは「木村拓哉」が所属していた「SMAP」でも同様で、「木村拓哉」と「ファン」が接触した回数は数える程度しかないようです。

活動初期には何回か握手会を行っていた「SMAP」は、「1993年」に「横浜アリーナ」で開催した「5万人規模」の握手会が今でも伝説となっています。それ以降は「20年後」の同じ日に「1万人限定」での握手会を開催したり、東日本大震災の被災地で「NHKのど自慢」の観客「600人」と握手したことがある程度でした。それが今回の「ドッキリ」では「ハグ」までの「大サービス」なのですから、「ファン」が面食らうのも当然です。




もし「木村拓哉」が今後も歌手活動を続けるのであれば、「ファン」の不公平感を招くことになるので、今回のような「接触シーン」を放送することはないはずです。それをあえて「テレビ」で見せたということは、「木村拓哉」がもはや「ファン」の前で歌うことはなく、俳優一本に絞ったことを意味するのではないでしょうか。「12月28日」から「木村拓哉」の出演する「GYAO!」の「テレビCM」「“民衆の歌”」篇が放送されますが、「木村拓哉」が歌っているのは「無料~♪」という「ホン」の「1フレーズ」だけです。そこに歌手らしさは感じられず、あくまで「“俳優キムタク”」です。そう考えると今後、「木村拓哉」が一般人相手に仕掛ける「ドッキリ」が増える可能性もありかも知れませんね。

「ファン」としては「木村拓哉」の歌に期待したいところですが。

「SMAP解散」以降の「木村拓哉」の心境が変わり俳優業を一番に考え始めているのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。