山下智久★ジャニーズ唯一★SMAPイズム継承していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「山下智久★ジャニーズ唯一★SMAPイズム継承していた」の事をお伝えしたいと思います。

昨年、音楽と映画で獅子奮迅の活躍を見せた「山下智久」です。夏に封切られた主演映画「劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」の興行収入が「92億円」を突破して、「実写邦画歴代5位」の高記録を「マーク」しました。さらに「11月28日」、「新アルバム」「UNLEASHED」を「リリース」して、およそ「4年」ぶりに音楽活動を再開しました。同世代の「嵐」や「関ジャニ∞」と比べると、日常的な「メディア出演」はないものの、存在感を増しています。




役者と「ミュージシャン」だけでなく、「山下智久」は裏方としても才能を発揮しています。「コンサート」では「ステージ演出」や「照明、セットリスト」にまで関わっています。現場で意見を求められることが増えたからのようですが、最初にそのきっかけを与えてくれたのは、「SMAP時代」の「香取慎吾」だそうです。「2人」は、「12年」の「ドラマ」「MONSTERS」「TBS系」で共演しました。主題歌を、「ユニット」「The MONSTERS」名義で「リリース」しています。その縁で、「翌13年」の「山下智久」の「ソロライブツアー」の総合演出を、「香取慎吾」が担当しました。

そのころ、「香取慎吾」は「SMAP」の「コンサート演出」を任されていました。「コンセプト、セットリスト、照明、衣装」です。それらに見合った「歌、ダンス」はもちろん、曲と曲の間の時間配分まで計算した敏腕演出家でした。




「香取慎吾」の前に「ステージ構成」を担当していたのは「中居正広」でした。「グループ結成時」は、「中居正広」が演出担当だったようです。この「2人」と「草なぎ剛」は、「SMAP」の「バラエティ班」でした。「笑っていいとも!」「フジテレビ系」に「レギュラー出演」していました。「香取慎吾」は「17歳」で大抜てきでした。ですが、寝過ごして遅刻することがあったので、いいともの前日には「中居正広」が自分の家に泊めて、「トーク」の「シミュレーション」をしあったといいます。

「SMAP」は「10年」、「日本人アーティスト史上初」の「コンサート通算観客動員数1000万人」の記録を達成しています。まさに前人未到の金字塔を打ち立てています。そんな「SMAP魂」を「コンサート」で伝承しているのが、「山下智久」のようです。「SMAP」が消滅した今、「山下智久」がその「イズム」を体現している唯一の「ジャニーズタレント」かもしれないですね。

「先輩&後輩」の信頼関係はこれからも続いていくでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。